羊肉抓飯

 

以前、四川省からチベットを横断していた時、

旅行者の間で噂になっていた食べ物がありました。

 

それが新疆ウイグルの庶民料理、ラグメン(新疆拌面)とポロ(手抓飯)。

 

チベットから新疆ウイグルまで横断し、和田という街で初めてポロ(手抓飯)を食べた時、

あまりの美味しさに思わずおかわりし、2杯食べてしまったほどです。

 

今回は紹介する「ポロ」は新疆ウイグルの

ウズベク族の「黒抓飯」(ヘイジュアファン)のレシピです。

 

簡単なので、ぜひ作ってみてください。

 

羊の代わりに豚スペアリブ、鶏など他の肉でも美味しいですよ。

ぼくはよく骨付き豚ロースで作ったりします。

 

調理時間:1時間

動画: 3:57

 

食材 羊のスペアリブ(500g)、お米(300g)、ニンジン(2つ)、赤たまねぎ(1つ)、ニンニク(1束)、ひよこ豆(お好みで)
味つけ 塩(適量)、クミンシールド(適量)、油(100g)、水(適量)

 

1.下準備をする

・乾燥したひよこ豆は前日から水につけておく。

・ご飯は30分水につけておく。

・ニンジンは細切りにする

・たまねぎは頭とヘタを落とし、半分に切り、輪切りにする

 

2.材料を炒める

・フライパンを熱し油を入れ、たまねぎを炒める

・たまねぎの色が変ったら、羊肉を炒める

・羊肉の色が変わってきたら、ニンジンを入れる

・塩を少量入れる

・ニンジンが柔らかくなったら、ひよこ豆も入れる

・水を入れ、煮立たせ、ふたをし、中火に20分煮る

・水は食材ぎりぎり浸かるぐらい

 

3.米をたく

・洗ったお米を入れ、具材とまぜ、平らに並べる

・平らにしたお米に箸を指して穴を作り、火を通しやすくする

・真ん中にニンニクを一束いれる(皮はむかずそのまま)

・10分間煮たら、ふたを開けかき混ぜる

・クミンシールドを入れ、10分間煮て、完成!

 

まとめ

色が黒くなるのはたまねぎをしっかり長く炒めているから

ニンニクは皮をはぎ、ごはんと一緒に食べましょう

 

四川に留学していた時、大学の近くにウイグル族のお店がありました。

 

四川料理に飽きたら、新疆ウイグルのラグメン(新疆拌面)、ポロ(手抓飯)

大盘鶏、羊肉串…などを食べ、また四川料理に戻るという感じで

日本食を食べるのは年数回、ほぼ毎日中華三昧。

 

新疆ウイグル料理の店先には大抵、大きな鍋があり、

ランチ時間に合わせて大量のポロを作ります。

 

作り方は大体、動画と同じはずですが、

ぼくがよく食べていたポロは乾燥レーズンが

たくさん入っていましたね。

 

ニンジンと乾燥レーズンの甘味にちょっと癖がある刻んだ羊肉のせたご飯…

今、思い出してもお腹が減ってきます!

 

 

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス2017 来場者2万人以上!四川フェス

四川料理フェス

 

日本初の四川フェスは来場者2万人以上、全店舗完売となりあ大成功しました!

四川フェス2018は場所を変えて新宿中央公園にて開催!4月7日~8日と二日間開催決定!

【仲間募集!】四川フェス2018@新宿中央公園での開催決定!

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  2. 3STEPで作るラー油たっぷりの口水鶏(よだれ鶏)
  3. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  4. 中国古代風の美人から麻婆豆腐の伝統的な作り方を学ぼう!  
  5. 「本場の火鍋は違うんです」を、熱く、しつこく語る -その1-

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 http://masamichi-design.com/