About me
陳 琬蓥 (lea chen)、四川出身の四川料理マニア。中国語、日本語、英語をしゃべる好奇心旺盛で多趣味な人。ストレス解消法:「甜水麺」「葉兒耙」「蛋烘糕」「水煮魚」「干鍋兎」「肥腸粉」「麻辣烤鱼」「紅油水餃」「烤脳花」「鶏米芽菜」「粉蒸牛肉」を爆食いする。

 

酥肉(スー・ロウ)とは中国全国に流行っている豚肉の衣揚げ料理。

酥肉の食べ方はいろいろ。中国の各地域では、酥肉を暇つぶしのおやつとして食べたり、スープを作る時に入れたりしています。

 

四川では煮物や火鍋の素材としても使われ、季節を問わず一年中に食べられる人気食品。

 

うちのお父さんも特に酥肉を作るのが好きで、芽菜とじゃがいもの上に酥肉を載せて蒸したオリジナルのレシピに夢中。中学校の時には月に2回くらい食べていました(笑)

 

今回は四川風小酥肉の作り方とコツをご紹介します。冬の季節に、お酒のおつまみや、鍋の具材としてたくさん作っておきましょう!

 

作り方

小酥肉を作るには、漬ける、揚げると味付けの3つのステップがあります。

美味しくて食べ方がたくさんある小酥肉は、意外と食材も手順もかなり簡単!

早速、その作り方を見てみましょう!

 

調理時間:20分

食材 豚バラ肉(500g)、たまご(2コ)
味つけ 生姜(10g)、さつまいもデンプン(50g)、塩(5g)、砂糖(3g)、四川白酒(15ml)、刻みネギ(

適量)、花椒パウダー(1g)、キャノーラ油(1000g)

 

1豚バラ肉を漬け込む

・豚バラ肉を5mmほどの厚さに切る。

1

・生姜をみじん切りする。

2

・たまご2コ、さつまいもデンプン、生姜のみじん切り、四川白酒、塩、砂糖を入れる。

3

・お肉と充分に混ぜて、20分ほど漬け込む。
4

 

2.お肉を揚げる

・フライパンに油を入れて、150℃-180℃まで加熱する。

・お肉をフライパンに入れて揚げる。お肉がくっつかないように、軽くひっくり返す。

5

・お肉が金色になったら、一回フライパンから出す。油を200℃まで加熱して、もう一度お肉を揚げる。

・お肉が金色になり、少し焦げ目が出たら、お皿に出す。

6

 

3.味付して出来上がる

・お肉の上に花椒パウダーと刻みねぎを散らし、出来上がる。

7

 

小酥肉を美味しく作るコツ

四川はお酒の名産地。お肉の旨みを引き出し、臭みとるには四川産白酒(パイチュウ)がおすすめです。

四川白酒が手に入れにくい場合、他の白酒または料理酒を代わりに使っても問題ありません。

 

お肉を漬ける時にお水を入れず、たまごとデンプンだけを使うこと。衣がお肉から剥がれにくくなり、酥肉もサクサクで美味しくなります。

 

 

第五弾・旬の麻辣、藤椒を収穫し名物料理を食す旅

旬の麻辣を味わいにガイドブックにはない四川省の田舎へ。7月は青花椒の収穫期。青花椒の中でも特に珍しい品種「藤椒」を収穫し、取れたての旬のしびれを味わい尽くします。成都、新津、眉山、洪雅、蒲江県、崇州の6つの街を巡り、1日6食、地方料理を食べつくす!おそらく世界で一番食べまくるツアーです。

ドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、朝からビールと白酒で祝杯をあげて、生粋の食べ歩き仲間と楽しむツアー!詳しくはこちらから!

【入場無料】四川フェス2019 4.20~21

累計来場者数10万人以上、消費者主導で行う世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を新宿中央公園にて開催決定。日本にいる四川料理シェフ、日本在住の四川料理シェフ、四川省からの有名シェフが集まる四川料理ドリームチームをつくり、最高においしい四川料理でしびれる麻辣革命をおこしましょう!

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  2. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  3. 「本場の火鍋は違うんです」を、熱く、しつこく語る -その1-
  4. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  5. 中国古代風の美人から麻婆豆腐の伝統的な作り方を学ぼう!  

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 http://masamichi-design.com/