凉拌西瓜皮
アバター
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。

 

普段なら捨ててしまうスイカの皮を使った中国の冷菜をご紹介します。

調理時間:約15分

 

四川料理でスイカを食材として使うか?と質問をいただきました。

 

四川に住んでいた時はスイカと言えば、生で食べるか、

またはフレッシュジュースとして飲むか。

 

成都にいるメンバーに聞いてみたところ、

ほとんどの人は

「食べないよ」「食べたことない…」「黒暗料理でしょ…」

と言っていましたが

 

一人だけ「冷菜にして食べているよ!」

という強者がいました。

 

そんな彼女がオススメした料理が凉拌西瓜皮(リャンバンシーグァピー)。

誰でも簡単にできるスイカの皮を使った冷菜料理です。

 

 

食材 スイカ(1つ:皮のみ使用)、生の赤トウガラシ(1つ)、ニンニク(2つ)、小ネギ(1本)
香辛料 ラー油(15g)、醤油(10g)、ゴマ油(10g)、酢(3g)、塩(適量)
調味料 醤油、塩、砂糖

 

1.スイカをきる

スイカの赤い実の部分と外側の緑の皮をとりのぞく。

皮の白い部分を細切りにする。

塩を適量入れてまぜ、水分をだす。

凉拌西瓜皮

2.その他材料を切る

赤トウガラシの頭と先を切り、真ん中に包丁を入れて、開く。

種の部分をとり、細切りにする。

小ネギは小さく輪切りにする。

ニンニクは細かくみじん切りにする。

凉拌西瓜皮

3.味付け

スイカの皮の水分を外にだす。

スイカの皮を入れたボールに赤トウガラシ、小ネギ、ニンニクをいれて混ぜる。

ラー油、ゴマ油、酢、醤油を入れ、まぜて完成!

凉拌西瓜皮

まとめ

 

これは中国のある家庭で食べられてきた料理。

四川のレストランでも見たことありません。

 

ただ、クックパッド見るとスイカの皮のレシピたくさんあるようです。

野菜、果物など自然から出来たものは何でも食べれるんですね。

勉強になりました!

 

 

2008年からスタート。13年をかけた四川料理プロジェクトの全貌はこちら!

四川料理プロジェクト

6000人が購読!四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

麻辣連盟

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣連盟では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理はツイッターにて!

【成都現地スタッフ更新!】今の四川現地グルメを公開中!

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 辛さ極まる!唐辛子をたっぷり使った激辛ソース「刴椒」の簡単な作り方
  2. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  3. にんにくソースが香る絶品四川料理!中華前菜の定番|蒜泥白肉
  4. 湖南料理の定番!青唐辛子のバラ肉炒め | 辣椒小炒肉
  5. 角煮の原型?中国で一番人気ある煮込み料理「紅烧肉」の簡単な作り方

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に生きる

中川正道
中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計24.5万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。