回鍋肉
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。

日本でも人気の回鍋肉(ホイグォロー)は四川で一番人気の家庭料理。日本でいうところの豚の生姜焼きの位置づけです。四川で食べる一般的な回鍋肉は「葉にんにく=青蒜(qing suan)」を使います。お店によってはピーマン、キャベツなどを使うお店もあります。肉の茹で方が一番のポイントで色々な野菜を組み合せて作ってみてください。

必要な材料

食材 バラ肉(約100gぐらい)、にんにくの葉(1束)
調味料 豆瓣醤(大さじ1)、甜麺醤(小さじ1)、酒(小さじ1)、みりん(少々)

回鍋肉

①バラ肉をゆでる。

鍋にバラ肉がつかるぐらいの水入れ、バラ肉どぼんと入れて強火で煮る。沸騰してきたら、弱火で30分間煮る。30分間煮たら、ラップかけて冷蔵庫に放置(2、3日もちます)。※写真は1本まるまるです。今日使ったのはこの半分。

回鍋肉

②バラ肉を切る。

できるだけ薄くでかくバラ肉をスライスします。固くなっているので、結構切れやすいけど、脂肪分があるとのでちょっと切りにくいです。

③にんにくの葉を切る。

根元の茎部分は捨てて、ざっくり好きな大きさに切ります。

回鍋肉

④炒める

強火でフライパンを熱し、煙が出てきたら、油(大さじ2)をしいて、フライパンに油のまくを作る。そして、中火にし、バラ肉を炒める。

回鍋肉

⑤調味料を肉にからめる。

バラ肉が色付き始め、肉がそってきたら、フライパンの手前の方にスペースを作り豆瓣醤、甜麺醤を炒める。香りがしてきたら、バラ肉に絡めて、酒を入れ、みりんを少々入れる。

回鍋肉

⑥仕上げ

にんにくの葉を入れて、鍋を回し、肉にからめて、ちょっとしなってきたら、完成。※火はすぐ通ります。

rcp_img_1007

3日に1回は食べていた回鍋肉、ご飯と相性抜群!

 

・シンプルな材料で炒める
・にんにくの葉が見た目はニラっぽい感じですが、香りがよいです
このレシピをクックパッドで見る

調味料はこちらから

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

第五弾・旬の麻辣、藤椒を収穫し名物料理を食す旅

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

四川料理超食べ歩きツアー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  2. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  3. 「本場の火鍋は違うんです」を、熱く、しつこく語る -その1-
  4. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  5. 3STEPで作るラー油たっぷりの口水鶏(よだれ鶏)

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。