アバター
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。

 

新型コロナウィルスで四川にも行けやしない、慢性的な麻辣不足に。家でも本格的な四川料理を食べたい!という渇望から、いつの間にか火鍋をゼロから作ることにはまっていました。

できた火鍋はこちら

かなり本格的な火鍋を作ることに成功。ちなみに火鍋で使う基本的な調味料と香辛料は近所にある業務用スーパーのアミカで手に入れています。

 

さて、大量に作った火鍋の素(鍋底グオディー)。どう使えばいいのか。今は嫁の実家に住んでいるし、毎回火鍋をすると家族「え、また!」と難色を示します。普通の人であれば、火鍋食べるのは年数回ですからね。

 

しかし、ぼくのように麻辣に憑りつかれ、四川料理の専門家ともなると、毎週1回は食べたいのが本音。

 

なので、火鍋の素を使って簡単に作れるレシピをご紹介します。今日のお昼に食べてみましたが、あまりのおいしさに悶絶しました。ああ、これはまさに成都の名店の絶城芋儿焼鶏(里芋の激辛鶏煮込みの名店)の味に近い!!!!!!!!!

 

作り方は火鍋の素があれば、超簡単です。

こちらが作った重慶式の牛油火鍋の素

作り方

調理時間:20分

食材 鶏モモ肉(8切れぐらい)、ジャガイモ(1つ)
調味料 火鍋の素(大匙1.5)、醤油(適量)
香辛料 青花椒(20粒ぐらい)、ニンニク(1つ)、生姜(三切れ)

 

1.下準備

・ジャガイモを乱切りにします。

・ニンニクをスライス。生姜は細切りにします。

 

2.鶏モモ肉を炒める

・強火さっと炒めて、火を通す。全体的に火が通ったら、一旦皿にはじきます。

・中国料理の基本は煮る前に炒めるです。

 

3.炒めて、煮る

・フライパンに油を入れて、青花椒、ニンニク、生姜をいれ、弱火でいためながら、香りを引き出します。

・火鍋の素を炒める。溶けてきたら、鶏モモ肉とジャガイモを入れて軽く炒める。

・次に具材が浸るぐらい水(ビールならなおよし!)を入れて煮込むだけ。

 

4.仕上げ

・ジャガイモに火が通ったら、醤油で味の調整を行う。

・最後は煮詰めて完成!

 

食べた感想

一口食べたら、これは「絶城芋儿焼鶏」の味に似ている!と思いました。絶城芋儿焼鶏は成都の有名店で里芋と鶏の煮込みのお店です。昔の会社の近くにあり、同僚たちの行きつけの店でした。

絶城芋儿焼鶏 http://www.dianping.com/shop/Gal6kKwl4aKfdd8n

成都市锦江区龙王庙正街7号

これは一旦どんな味つけなんだ?と全く見当もつかない味でしたが、おそらく、火鍋の素をベースにしているのではと。唐辛子と豆瓣醬をベースに複雑な漢方スパイスをブレンドし、牛油で炒めて素を作る。そうすると複雑でコクがある味が再現できます。

 

6月、または7月にむけて準備している四川料理オンラインサロン「四川料理研究部」では、そんな火鍋の作り方や実際にぼくが作った火鍋など定期的に送られるサービスを提供する予定です。詳細はメルマガにて。

四川料理を愛する仲間募集!日本唯一の四川料理専門メルマガ

なので、今は毎日せっせと火鍋研究をしています。お楽しみに!!

 

2008年からスタート。13年をかけた四川料理プロジェクトの全貌はこちら!

四川料理プロジェクト

6000人が購読!四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

麻辣連盟

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣連盟では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理はツイッターにて!

【成都現地スタッフ更新!】今の四川現地グルメを公開中!

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 辛さ極まる!唐辛子をたっぷり使った激辛ソース「刴椒」の簡単な作り方
  2. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  3. 湖南料理の定番!青唐辛子のバラ肉炒め | 辣椒小炒肉
  4. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  5. 角煮の原型?中国で一番人気ある煮込み料理「紅烧肉」の簡単な作り方

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に生きる

中川正道
中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計24.5万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。