アバター
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。

 

中国最強のおかずとは?

日本では四川料理といえば、麻婆豆腐が一番有名ですが、実は四川料理で一番人気があるのは回鍋肉。そして、数ある四川料理の中で、最強のご飯のおかずも回鍋肉。回鍋肉さえあれば、ご飯を何杯でも食べれる。誰も文句を言いません。

そんな四川の最強料理「回鍋肉」に対等するのが湖南料理の辣椒炒肉。昔、辣椒炒肉を食べるために湖南省の長沙までいきましたがめちゃくちゃうまかった。

料理の方向性としては回鍋肉と似ている。

豆瓣醬、豆鼓、少々の甜面醤で味付けする回鍋肉に対して、辣椒炒肉はオイスターソース、醤油、ニンニクで味付けをする。どっちも絶対うまいよね!という味です。

今回つくった辣椒炒肉が過去最高の出来だった

中国のInstagramこと「小红书」でたまたまレシピを見て、作りたくなった辣椒炒肉。残念ながら動画リンクは行方不明…ただ、再現できまししたので、備忘録として、レシピを記載しておきます。

材料はこちら

食材 豚バラ(1本の半分を使用)、なんばん(10本ぐらい)
調味料 【味付け】オイスターソース(大匙1)、醤油(適量)、塩

豆鼓(欠片)、ニンニク(2欠片)

辣椒炒肉の作り方

①材料を切る

豚バラは細かく切る。地元で作っている「なんばん」(辛さ控え目な青唐辛子)を使用。ニンニクを包丁で叩き、刻んでおく。豆鼓はそのままで使用。

②なんばん(青唐辛子)を炒める

油はひかず空焚きの状態で炒める。しんなりしてきたら、塩をいれて軽く炒める。

③肉を炒める

油をしき、豚バラをカリっと炒める。

全体に火が通ったら、ニンニク、豆鼓を入れて、香りが出てくるまで炒める。

なんばん(青唐辛子)を入れて、味付けはオイスターソース、醤油。あとは全体的に火が通ったら、完成!

めちゃめちゃご飯とあう!

こちら出来上がった辣椒炒肉。なんばんも辛さ控え目なので、食べやすい。豚の油と唐辛子の辛味、ニンニクと豆鼓の塩分が入り、本当にうまい。今まで一番いい出来でした。

最後に

回鍋肉は一旦茹でるという工程が入るので、作るのは少し時間がかかります。辣椒炒肉や「茹でない回鍋肉こと盐煎肉(イェンジェンロウ)」は簡単に作ることができます。

いい豚バラと青唐辛子を見つけたら、ぜひ試してみてください!

 

2008年からスタート。13年をかけた四川料理プロジェクトの全貌はこちら!

四川料理プロジェクト

6000人が購読!四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

麻辣連盟

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣連盟では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理はツイッターにて!

【成都現地スタッフ更新!】今の四川現地グルメを公開中!

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 辛さ極まる!唐辛子をたっぷり使った激辛ソース「刴椒」の簡単な作り方
  2. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  3. にんにくソースが香る絶品四川料理!中華前菜の定番|蒜泥白肉
  4. 湖南料理の定番!青唐辛子のバラ肉炒め | 辣椒小炒肉
  5. 角煮の原型?中国で一番人気ある煮込み料理「紅烧肉」の簡単な作り方

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に生きる

中川正道
中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計24.5万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。