About me
陳 琬蓥 (lea chen)、四川出身の四川料理マニア。中国語、日本語、英語をしゃべる好奇心旺盛で多趣味な人。ストレス解消法:「甜水麺」「葉兒耙」「蛋烘糕」「水煮魚」「干鍋兎」「肥腸粉」「麻辣烤鱼」「紅油水餃」「烤脳花」「鶏米芽菜」「粉蒸牛肉」を爆食いする。

「手撕椒麻鶏」は花椒と藤椒を大量に使った新疆ウイグルの人気の冷菜。

仕上げに藤椒を鶏肉の上に散らし、熱した油をかけ、藤椒の新鮮でさっぱりした香りと強烈な痺れが病みつきになる料理。

 

今回は山椒・痺れ好きにオススメの、香り豊かな藤椒がよく効く「手撕椒麻鶏」の作り方を紹介します!

 

「手撕椒麻鶏」の作り方

「手撕椒麻鶏」に使う食材は鶏肉だけですが、藤椒、花椒油、八角など、色んな中華調味料が必要。最近では、どほとんどの調味料は日本の中国食材店で簡単に購入できます。例えば、池袋北口の楊成城、友誼商店など。

調理時間:30分

食材 鶏肉(1kg)
味つけ 唐辛子(10g)、藤椒(15g)、粒花椒(適量)、花椒パウダー(5g)、生姜(20g)、八角(1コ)、香葉(2枚)、草果(1コ)、長ネギ(1本)、桂皮(1枚)、料理酒(50ml)、ラー油(適量)、青花椒油(適量)、花椒油(適量)、砂糖(適量)、塩(適量)、砂糖(適量)、混合醸造醤油(適量)、酢(適量)

1準備

・鶏肉を洗って、塩、花椒パウダー、料理酒を入れてよく混ぜます。

img01

・鶏肉を20分漬け込みます。

img02

 

2.鶏肉を茹でる

・鍋にお水を入れて、沸騰させます。

・漬け込んだ鶏肉を鍋に入れて茹でます。

img03

・香葉、桂皮、草果、八角、生姜の薄切り、花椒、適量の料理酒を入れます。香りが出たら蓋をして茹でます。茹でる間に何回か箸で鶏肉の上下を返します。

・鶏肉が箸が差し込める程度になったら、火を閉じて、鶏肉を取り出して冷やしておきます。

img04

 

3.調味

・フライパンを温めて、花椒油、粒花椒、ラー油、青花椒油を順次に入れて、香りが出るまで炒めます。出来上がった「椒麻油」をお皿に移します。

img05

・冷たくなった鶏肉を裂いて、お皿に載せます。

img06

・長ネギの細切り、唐辛子の千切り、生姜の千切り、冷たくなった「椒麻油」、砂糖を少し、酢、醤油、花椒油、鶏肉のスープを入れて、混ぜ合わせます。

img07

・最後に新鮮な藤椒を載せて、熱した油をかけます。

img09

まとめ

「手撕椒麻鶏」は新疆ウイグルだけではなく、四川や重慶地域でも人気の高い伝統家庭料理。調理方法は簡単で、誰でもすぐ作れますが、美味しく作るには、中国原産の花椒、藤椒、ラー油など、本場の香辛料と調味料が肝心です!

 

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 「本場の火鍋は違うんです」を、熱く、しつこく語る -その1-
  2. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  3. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  4. たった3分!四川の家庭で使うラー油の作り方 | 油辣子
  5. 5分で分かる!本格中華まん ー 「包子」の作り方

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 http://masamichi-design.com/