アバター
About me
Ko jun Wang 。台湾生まれ、12歳の時に日本へ移住。ほぼ日本育ちの為、母国語である中国語以上に日本語が堪能!大の旅行好きなので、通年動き回っています。2016年より生活の拠点を成都に移し、美味しい四川のレシピ制作と翻訳に携わりながら、本場の中医学と漢方について学ぶ。

 

コラーゲンたっぷり!!

思わずこのフレーズに、全身を浸かりたいと思う方に、

是非、「豚足」を食べることがおすすめです。

 

豚足の高い美容効果に加え、プルプルでトロッとした中に、

軟骨のコリコリ感がたまらないと、近年は男性だけでなく、女性にも人気です。

 

今回は、そんな豚足を使った簡単で美味しい広東料理

「南乳猪手」(ナン ルー ジュ ショ)をご紹介したいと思います。

 

調理時間:1時間20分

食材 豚足(800g)、ピーナッツ(100g)、赤玉ねぎ(適量)、生姜(二かけ)、にんにく(一粒)

花椒(適量)

味つけ 豚足用{南乳(30g)、水(800㏄)、氷砂糖(大さじ1)、塩(小さじ1/2)、豆板醤(適量)

紹興酒(大さじ1)、しょうゆ(大さじ1)、たまりしょうゆ(大さじ1/2)、油(少々)}

 

1.豚足の下ごしらえ

・豚足を食べやすい大きさに切る

・お水の張った鍋に、豚足とスライスした生姜、花椒を入れて45分煮込む

・ピーナッツも同じく、別の鍋に入れ45分煮込む

2.炒める

・鍋に油を入れ、にんにく、生姜と赤玉ねぎを炒めながら、豚足と南乳を入れ一緒に炒める。

・いい香りがしてきたら、豆板醤を入れ全体的に混ぜたら紹興酒、しょうゆ、たまり醤油の順に入れ

混ぜながら、次にピーナッツとお水を入れたら、1時間半煮込む

・最後にお皿に盛り付けて、上に刻みネギをかけて完成

まとめ

・より短時間に作りたい時は、圧力鍋が便利です

・付け合わせにお好みのお野菜と一緒に召し上がってください

 

 

南乳猪手の「南乳」とは、豆腐を赤い麹で発酵させた調味料です。

 

深紅色をしているので、紅腐乳(ホンフーユー)とも呼ばれており、

甘辛く、ほのかに酒の香りもする、濃厚な甘味噌のような味です。

 

この南乳とピーナッツはとても相性がよく、

南乳のタレをしみ込ませてから乾燥したピーナッツは、

広東や香港では、人気のお茶うけの1つです。

 

コラーゲンたっぷりな豚足と、濃厚な味わいの南乳で煮込んだ南乳猪手は、

食欲をそそられ、ごはんのお代わりは間違いなし!!

 

ただし、豚足はカロリーが高いので、

美味しすぎて、食べすぎには注意してくださいね!

 

 

2008年からスタート。13年をかけた四川料理プロジェクトの全貌はこちら!

四川料理プロジェクト

6000人が購読!四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

麻辣連盟

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣連盟では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理はツイッターにて!

【成都現地スタッフ更新!】今の四川現地グルメを公開中!

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 辛さ極まる!唐辛子をたっぷり使った激辛ソース「刴椒」の簡単な作り方
  2. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  3. 湖南料理の定番!青唐辛子のバラ肉炒め | 辣椒小炒肉
  4. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  5. 角煮の原型?中国で一番人気ある煮込み料理「紅烧肉」の簡単な作り方

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に生きる

中川正道
中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計24.5万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。