アバター
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。

 

「担担麺か、それとも坦坦麺ですか?」

と質問がきました。正しくは担担麺(タンタンメン)。担担麺はその名の通り、担いで売りに歩いていた麺のことです。

 

担担麺は担ぎながら、売っていたので、もちろんスープはなし。麺を茹で、その場で調味料と香辛料を混ぜ合わせて作るシンプルな料理です。

 

汁あり担担麺とは?

汁あり担担麺は、日本に四川料理を浸透させた偉大なる料理人、陳建民氏が苦肉の策で発明したといわれています。当時、辛い本場の汁なし担担麺を食べることができない日本人に対し、まろやかで辛さ控え目に作ったのが始まりです。

香港の空港で食べた汁あり担担麺

今では香港や上海でも汁ありの担担麺を食べることができます。

 

本場の汁なし担担麺をつくる

担担麺はいまやラーメン界のニューウェーブとして、地位も確立。おいしい担担麺専門店も続々とオープンしています。ぼくも175°DENOやタンタンタイガーはお気に入りのお店で近くによったら、よく食べに行きます。

 

太麺でゴマペーストとラー油がからまったコクのある味の担担麺は家でもよく作ります。これはいわゆる新派担担麺です。

 

今日、作るのは本家本元、昔ながらの素朴な担担麺。ぼくの原体験として、留学時代に食べていたシンプルな担担麺。正直なかなかつくれなかったのですが、ヤマムロさんが提供している成都の老舗調味料シリーズ「担担麺」を昨日食べたら、まさにドンピシャ!!

 

※3~4人前で980円、「龍抄手」監修。

 

今回はこちらの「担担麺」を使った担担麺の作り方をご紹介します!

 

作り方

調理時間:15分

食材 牛肉ミンチ(150g)、麺(2玉~3玉)
担担麺の素 小袋3つ

 

1.牛肉ミンチを炒める

・フライパンでカリカリになるまで牛肉ミンチを炒める。お好みでネギも入れる。

※ミンチは水分でてきたら、しっかり飛ばす。

 

2.味付けをする

・炒めた牛肉ミンチに担担麺の素を絡める。

3.麺を茹でる

・太麺でもちもちした極太中華麺(マルちゃん)を茹でる

・茹であがったら、味付きの牛肉ミンチを絡めて完成!

 

まさに成都で食べていた担担麺の味

家族三人で食べてみましたが、これが驚くほどおいしく。そして、辛くうまい!!!!!!唐辛子のピリッとした辛味と強い塩味。食べ終わった後のさわやかさ。これこそ、留学時代に食べていた素朴な担担麺。

 

あまったそぼろはごはんに合わせてみましたが、これもおいしい!牛肉を使うことで、どこかボロネーゼのようなニュアンスもあります。

 

 

裏を見ると現在材料はシンプル

菜種油、葉唐辛子、醤油、唐辛子、食塩、花椒、アミノ酸、八角、桂皮

おもしろいのは「葉唐辛子」。芽菜ではなく「葉唐辛子」を入れているのが、おいしさの秘密のような気がします。

 

こちらの担担麺の素は陳麻婆豆腐の素を販売している大正時代から続く卸業者「ヤマムロ」さんが提供しています。味は成都の老舗小吃屋の「龍抄手」監修。そりゃ美味しいわけですね!

 

購入はこちらより

 

 

【10月開催予定】四川フェス2020@オンライン!

全国100店舗の四川料理・中華料理店が集結!四川フェス限定メニューを作り、テイクアウト&ECで提供。そして、各専門家が集結し、四川フェスTV24時間を生配信する。怒涛の四川フェスオンラインを作ります!

四川フェス2020

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理はツイッターにて!

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  2. 四川料理の達人「火哥」が教える本場の担担麺の作り方!
  3. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  4. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  5. 四川料理の超定番!最強のご飯のおかず「鶏米芽菜」のレシピ

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。