老干媽

 

 

普段は豆板醬を使っていますが、たまに使うと妙においしいのが、老干媽シリーズの調味料。

老干媽とはおふくろという意味で、創始者である陶華碧(タオホァビ)さんが作った調味料ブランド。

 

中国人ならだれでも知っている、中国で一番人気がある調味料です。

 

その人気ぶりはすさまじく「老干媽(ラオガンマー)をごはんにかけて食べる」というのは

いまや普通の光景になりました。

老干媽

出典:http://www.laoganmajp.com/

 

成都の炒飯屋さんに行くと老干媽炒飯は普通にメニューにあるほど。

そんな老干媽はどのように発展していったのか?まとめてみました。

 

老干媽とは?

 

老干媽の創始者である陶華碧(タオホァビ)さんは
貴州省湄潭県山奥で生まれ。貧乏な家庭で育ち、
子供の時から大人になるまで、ほとんど勉強もしてこなかった。

 

そんな彼女は20歳になり結婚。
しかし、それからしばらくして夫は二人の子供を残し、死去してしまう。

 

1989年、彼女は生きるために小さな一室で、凉面・涼粉専門店のレストラン(実恵飯店)を始める。
自家製の麻辣醤を作り、凉面、涼粉にあえて出したところ、お店は繁盛していった。

 

ある朝、彼女は眩暈がして体調が悪く、市場に唐辛子を買いにいけなく、麻辣醤を作れずに店を開けた。
そんな時にある事件が起こった。

 

あるお客さんが「今日は麻辣醤入ってない」と聞きいた途端、すぐに店を出て行ってしまったのだ。

なぜ帰ったのだ?もしかして冷麺、涼粉を食べにきたんじゃなく、私が作った麻辣酱を食べに来てたのか?

 

彼女はそれから何年も麻辣酱を研究、改良し、ついに独自の麻辣酱を開発した。

 

お店で麻辣酱を売り出し結果

 

お店のお客さんは冷麺、涼粉を食べ、必ずと言っていいほど麻辣酱を買っていった。
ただし、麻辣酱のみ買いに来るお客さんが増え、次第に冷麺、涼粉は売れなくなっていった。
麻辣酱は生産が追い付かなくなり、陶華碧さんは疑問を感じていた。
こんなに麻辣酱を買って行って、彼らは食べ終わるのか?

 

有る午後、当日の麻辣酱は売り終わったが、凉面、涼粉を食べにくるお客さんが一人もいなくなった。
彼女は何かがおかしいと感じ、店を閉め、辺りの凉面、涼粉屋さんを見て回った。

 

めちゃくちゃ繁盛している・・・繁盛している原因を探ると驚きの事実が。
この凉面、涼粉屋は彼女が作った麻辣酱で味つけをしている!

 

次の日から彼女は麻辣酱を売ることをやめることした。

こんなに素晴らしい麻辣酱を作っているのになぜ冷麺、涼粉をうるんだ、
いっそのこと麻辣酱の工場を作ったらいいんじゃないか

冷麺、涼粉屋さんのオーナーは頼む売ってくれというと逆ギレ。

 

彼女は思った、確かにそうだと、こんなに人気があるなら麻辣酱の工場を作ったらいいんじゃないか
冷麺、涼粉を売っている場合ではない。

 

そして、1996年7月、40名を雇い、麻辣酱生産工場を設立した。
商品の名前は「老干媽麻辣酱」。

 

老干媽

出典:http://www.laoganmajp.com/

 

※ここからは以前サーチナに掲載されていた内容、すでにリンク切れ

もっとも、最初からすべて上手くいったわけではない。

というのは、それまで経営していたような、涼粉などを供する小さな食堂に
売ることだけを考えていたからだ。

 

そこで陶華碧は、商品を背負って食料品店を回り、棚に並べてもらった。
さまざまな飲食店にも置いてもらった。

 

効果はてき面だった。
一週間もしないうちに「また、あの商品が欲しい。今度は前回の倍の量で」という注文が相次いだ。

 

これほどまでに、自分の味が受け入れられたのは意外だった。しかし同時に、大きな自信が湧いてきた。
個人経営という状態から脱皮して「企業」という経営形態にすることを目標に定めた。

 

1997年8月、貴陽南明老干媽風味食品有限責任公司が成立した。
学歴は皆無という農村出身の女性が、企業オーナーになった瞬間だった。

 

ちなみに、小学校にも行っていない陶華碧は、文字を書くことができない。
そのため、自分の名だけは書けるようにと、懸命に練習したという。
契約書などにサインしなければならないからだ。

 

学問はないが、私には技術がある

 

茶やその他の味がついた飲み物は口にしない。
すべては、鋭敏な味覚を保つための努力。

 

老干媽風味食品有限責任公司は、その後50種あまりの商品を発売しているが、いずれもヒット。
すべて陶華碧がOKした味だ。

苦労が多かった人生の過程で、彼女は意志の力と物事の本質を見極める知恵を身につけた。

 

例えば、初めて大学卒業生を雇ったときのことだ。
事務関連の仕事をしてもらおうと思った。

 

彼女には到底できない仕事だからだ。しかし、まずやらせたのは会社の雑用。
その次には全国各地を回らせた。「ニセ商品」の摘発活動の現場にも関わらさせた。

 

本社では、事務関連の人材不足に悩んでいたが、彼女はあせらなかった。
大切なのは、企業活動の実態を知ってもらうこと。
中途半端な理解では、長く留まって能力を発揮してもらうことは、難しい。

 

陶華碧は「よい刃物を作るためには、最初に十分に焼きを入れて、
最後の段階でもう一度研いでやる必要がある」と表現している。

 

高学歴者に対する無用の気づかいは、一切しなかった。
そして半年後、あらためて事務主任に任命。

 

ちなみに、この老干媽風味食品有限責任公司にとって初の大卒採用者、
王海峰氏は陶華碧の片腕として、会社を盛り立てる大きな役割を果たすことになる。

 

「おふくろさん」を困らせる奴は許さない

 

今どきの企業にしては珍しく、従業員のアパートをすべて無償で提供している。
勤務時の食事も無料。単に甘やかしているのではない。
彼女は地元密着型の企業を目指した。

 

しかし、会社は貴陽市内といっても市街地からかなり離れた場所にある。
近くにアパートなどは見当たらず、飲食店も少ない。
企業の方針は方針として、「これでは社員が、あまりにも不便だろう」と考えたわけだ。

 

また、陶華碧は多くの従業員の誕生日を覚えていて、その誕生日には、
縁起物の「長寿麺」をふるまう。
社員を家族同様に考え、家族に対するように接する。これが、彼女の変わらぬ方針だ。

 

こんな話もある。会社の食堂で働く若いコックがいた。父母を早く亡くし、幼い弟がふたりいる。
しかし、酒好きタバコ好きで、毎月1000元の給料をほとんど使ってしまう。
ある日、陶華碧はその調理師をホテルのレストランに招待した。「息子や…」と話しはじめる。
社員に対して、彼女はいつもこのように呼びかける。

 

今日は、好きなものを飲みなさい。いくらのんでもかまいませんよ。
でも、明日からはお酒とタバコはやめなさい。弟たちを学校に上げるために、
お金を貯めなければいけないでしょ。
私みたいに、字も書けない人にしようなんて、絶対にだめですよ

と説く。調理師はそこまで考えてくれたことに感動し、その場で禁酒禁煙を約束したという。

 

こういった心配りを、彼女は「感情の投資」と呼んでいる。

 

相手に自分の感情を投じれば、かならず「リターン」がある。
一人一人に感情を注げば、全員の気持ちが一丸になると、彼女は言う。

 

ちなみに、老干媽風味食品有限責任公司で、陶華碧を「董事長」と呼ぶ者はいない。
誰もが親しみを込めて「老干媽(おふくろさん)」と呼ぶ。

 

「おふくろさんを困らせる奴は許さない」というのが、社員全体の暗黙の了解になっているそうだ。

 

最後に

中国一有名なラー油ブランドの創設者の女性、政府から「8888」のナンバープレートを贈られる―中国

抜粋:陶さんのここ3年(2014年)の納税総額は18億元(約342億円)、

生産額は68億元(約1292億円)で、直接的・間接的に800万人の農民を豊かにしてきた。

 

すごい数字ですね。まさに中国版の広岡浅子。

ドラマ化しないか、期待しています!

 

購入される方はこちらから

老干媽 風味トウチラー油(風味豆鼓・油制辣椒)中国名産・中華食材

※こちらが一番スタンダードな調味用。豆鼓が入っていて、炒め物に最適。

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

日本にある四川料理と四川で食べる四川料理の違いは何でしょうか? その答えは種類の豊富さにあります。日本で食べられている四川料理の多くは麻婆豆腐、担担麺、回鍋肉、チンジャオロース、棒棒鶏ですが、これらの料理の多くは四川では特別ではく、普通の料理の一つ。

麻婆豆腐を例にあげると、四川ではそれほど人気がある料理ではありません。メニューの端にある家庭料理の一つです。

ぼくたちが企画する食べ歩きツアーで行くのは今、四川で人気のレストラン。それも、現地の人しかいない本当の食通が通うお店です。日本では絶対に食べられない、中国人も知らない、圧倒的な四川料理を皆さまにご紹介ます。

【2017年3月食べ歩きの旅】四川料理を愛するグルメ仲間と一緒に食べ歩きしませんか?

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川で人気の料理がわかる食レポ!

四川料理の達人

四川料理の達人マガジン(月額500円)四川で人気の料理がわかる食レポ!本場四川の一流料理店レシピ、特級厨師の伝統的な料理等。毎月2回不定期更新!マガジン購読者は非公開グループに入り質問できる特典あります。

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  2. にんにくソースが香る絶品四川料理!中華前菜の定番|蒜泥白肉
  3. 【四川の漬物文化・その1】お漬物とごはんさえあれば…
  4. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  5. 歯ごたえ最高!見事な味をさらにひきたてる「凉拌竹笋鶏」の作り方

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/