四川風肉じゃが
About me
中国語翻訳者、ライター。 1999~2000年、重慶大学漢語進修課程で中国語を学ぶ。2004~2006年、上海で邦人向けフリーペーパーの編集、美容業界誌の中国語版立ち上げなどに携わる。帰国後の2007年~2015年まで、中国専門の通信社で記事翻訳・執筆に従事。現在、北海道へ子連れIターン移住。フリーで中国ニュースの翻訳や中国関連の執筆などを行う。今後、育児、地方移住などをテーマに執筆していく予定。好きな火鍋の具は鵝腸(ガチョウの腸)、腰片(マメ)、藕片(蓮根)、粉条(板春雨)、豆皮(湯葉)。

春キャベツに春ニンジン、新玉ねぎに新じゃが。

若々しくやわらかな野菜がおいしい季節になりました。

 

このごろでは、野菜で季節を感じることがなかなかむずかしくなりましたが、

それでも春から夏にかけては、新しい生命の息吹をしっかり感じられるシーズンです。

 

中国では日本よりももっとずっと、野菜に季節感があります。

そして、地産地消も強く根付いています。

中国の八百屋さん

中国の八百屋さん

その理由は単純に、栽培技術や運輸網発達の後れに関係するのかもしれませんが、

そのおかげで、旬の時期に旬のものをいただき、

地元の採れたて食材に根差した食生活が守られています。

 

中でも、新じゃがを使った「四川式肉じゃが」の味は忘れられません。

 

そう、春の四川にも、日本と同じく新じゃがが出回っていました。

中国語では「洋芋仔(ヤンユーザイ)」といいます。

 

なんと!四川にもあった、肉じゃが

 

その春、短い間でしたが、わたしの家には居候がいました。

日本と同じくらいの人口を抱える四川は出稼ぎの多い土地柄で、

多くの若者が働き口を求めて沿海の都市部へ出ていきます。

列車にして、1日どころか2日以上もかかるような場所へです。

 

慣れない遠隔地で苦労して、数年後に故郷に戻る人もたくさんいます。

が、不在にしている間に実家の家族構成が変わり、戻る場所がない、なんていう人もいます。

 

そのような経緯で、わたしがルームシェアしていたアパートにも一時期、居候が来ることになったのです。

20代半ばの料理上手な彼は、家賃代わりに、毎日の夕食当番をしてくれました。

 

そして、ある日つくってくれたのが「四川式肉じゃが」だったのです。

四川風のジャガイモ煮込み

四川風のジャガイモ煮込み

毎日三食、四川料理を食べる以外に選択肢のなかった当時の暮らし。

肉じゃがに出逢ったのはまったくの驚きであり、

そして、遠い日本を思い出す、とてもうれしいできごとでした。

 

もちろん、甘い味つけの訳もなく…

 

その肉じゃがは、皮つきの新じゃがをまるごと煮込むものです。

お肉は牛肉ではなく、脂のこってり乗った皮付き豚バラ肉を小さく角切りにしたものでした。

中国では皮つきの豚肉が売られている

中国では皮つきの豚肉が売られている

日本人のイメージでは、「中華料理=炒め物」という公式が出来上がっていると思いますが、

実は、中華には煮物もたくさんあります。

焼いてから煮たり、炒めてから煮たりするものが多いですが、

日本の煮物と同じく、家庭料理で存在感を発揮しています。

 

四川肉じゃが、味つけはもちろん豆板醤でした。

日本の肉じゃがのような甘さは、微塵もありません(笑)。

でも、だからこそ、白いごはんにはより合います。

新じゃが特有の皮の香りは、豆板醤の強い風味にも負けることなく、しっかりと存在を主張してきます。

そして、実の締まった新じゃがを、バラ肉のプチプチとした皮とトロトロした脂身がやさしく包みます。

 

甘味はないけれど、刺激的な四川の食生活では本当に少なかった、「ほっこり」する味でした。

 

相似形を描く四川料理と日本料理

 

天府之国」と呼ばれるほど農作物が豊富で、国内有数の米どころでもある四川。

過去のコラム(【四川の漬物文化・その1】お漬物とごはんさえあれば…)でもご紹介した通り、漬物文化が分厚く、

肉・魚が食べられない時代も長かったせいか、種類豊富な豆腐製品もよく食卓にのぼります。

お箸とお茶碗を持って食卓につき、

おなかをいっぱいにしてくれるのは、白いごはんです。

四川は米文化です

四川は米文化です

こうして見ると、日本の食生活とそう遠くない感覚ですね。

 

白いごはんでおなかを満たすというのは、

当たり前のようでいて、世界的に見ると実は当たり前のことではありません。

 

留学時代の同級生には複数の欧米人がいましたが、

毎日お米を食べる食生活は慢性的に胃もたれがして、苦しいと言っていました。

同様に、小麦を主食とする中国北部の出身者も、

お米の食事が続くとつらい、麺が食べたい、蒸しパンが食べたいとよく漏らしていました。

 

お米が消化に負担になるなんて!

日本人のわたしには、思いもよりませんでした。

 

和食とは対極のキャラクターを持っているように思える四川料理も、大枠では米食圏内。

互いに相似形を描いていることに気づくのです。

だからこそわたしは、一日三食四川料理という生活もなんとか乗り越えられたのでしょう。

 

そして、四川には白いごはんに合うおかずが無数にあります。

時には「肉じゃが」などという、和食の姉妹料理(?)に出会うことだってあるのです。

 

「四川式肉じゃが」の正体は

 

さて、「四川式肉じゃが」と呼びましたが、

そのような特定の料理があるというよりは、

これは「紅焼肉(ホンシャオロウ/バラ肉の醬油煮)」の変形パターンです。

紅焼肉にいろいろな野菜をトッピングします

紅焼肉にいろいろな野菜をトッピングします

じゃがいものほかにも、栗・たけのこ・しいたけ・湯葉などを合わせることが多い紅焼肉。

地方ごと、家庭ごとにつくり方が異なりますが、一般的には醤油と氷砂糖で甘辛く煮つける料理です。

しかし、重慶では味つけに豆板醤を使い、一切甘みを加えないものを「紅焼肉」と呼んでいました。

 

そのおいしさをほめちぎるわたしに、

くだんの居候の彼は、「まあどこにでもある料理だよ。特別なものでもないよ」と謙そんしていました。

 

もしかしたら謙そんでもなく、彼の言う通りだったのかもしれません。

どの家庭でも、たびたび食卓に上るようなありふれたものだったのかもしれません。

 

だからでしょうか。わたしにとっては、「新じゃがを使った、豆板醤味の紅焼肉」は1度きりの出会いでした。

その後、どこのレストランでも食堂でも、同じものを二度と見かけることはありませんでした。

 

今でも毎年、新じゃがの季節になると必ず思い出し、恋しくなる料理です。

 

※当連載は、筆者が1999年~2000年にかけて重慶市に滞在した当時の体験をベースに綴られており、現在の事情と異なる部分がある可能性があること、また同じ四川文化圏でも地域差が存在することをご了承ください

 

次回掲載予定:火鍋の今むかし

第五弾・旬の麻辣、藤椒を収穫し名物料理を食す旅

旬の麻辣を味わいにガイドブックにはない四川省の田舎へ。7月は青花椒の収穫期。青花椒の中でも特に珍しい品種「藤椒」を収穫し、取れたての旬のしびれを味わい尽くします。成都、新津、眉山、洪雅、蒲江県、崇州の6つの街を巡り、1日6食、地方料理を食べつくす!おそらく世界で一番食べまくるツアーです。

ドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、朝からビールと白酒で祝杯をあげて、生粋の食べ歩き仲間と楽しむツアー!詳しくはこちらから!

【入場無料】四川フェス2019 4.20~21

累計来場者数10万人以上、消費者主導で行う世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を新宿中央公園にて開催決定。日本にいる四川料理シェフ、日本在住の四川料理シェフ、四川省からの有名シェフが集まる四川料理ドリームチームをつくり、最高においしい四川料理でしびれる麻辣革命をおこしましょう!

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  2. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  3. 「本場の火鍋は違うんです」を、熱く、しつこく語る -その1-
  4. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  5. 中国古代風の美人から麻婆豆腐の伝統的な作り方を学ぼう!  

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 http://masamichi-design.com/