醤爆茄子
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。

 

 

ぼくは島根県出身なのですが、夏から秋にかけた時期になると家の畑で大量に茄子とピーマンがとれ、

油でしっかりと焼き、甘辛い味噌をつけて食べるのが大好きでした。

 

さて、今回紹介するのは茄子を使った中国家庭料理の定番「酱爆茄子」(ジャンバオチエズ)。

 

味つけは醤油と砂糖のみ。油も少ししかつかわない、家庭で作れる簡単なレシピなので、

ぜひ今晩のおかずとして作ってみてください!

 

調理時間:15分、動画:2:21

食材 長茄子(6~8本)、生姜(一かたまり)、ピーマン(2つ)
味つけ 醤油(適量)、砂糖(適量)

 

1.下準備をする

・茄子を回しながら手でちぎる

・ピーマンは種をとり、一口サイズに切る

・生姜は包丁の裏でつぶしておく

・醤油を用意しておく

※中国醤油の「生抽,老抽」ではなく普通の醤油でOK

 

2.炒める

・フライパンに油をしき、中火でまずは生姜をいためて香りがでてきたら、生姜を取り出す

・次に茄子を入れて炒める

・茄子に火が通り、柔らかくなったら、砂糖をいれる

・ピーマンをいれて一緒に炒める

・最後に醤油を入れてまぜて完成!

 

まとめ

・醤油は炒め終わった最後にいれる。中華料理の炒め物で多いのですが、これは塩分をひかえるためです。

最初にいれると味がなかなかつかないので、どうしても塩分が多くなります。

・作ってくれたのは上海出身の料理の先生。砂糖を入れるのが上海っぽい味付けですね。

 

今からもう10年以上前ですが、神戸から天津のフェリーに乗り始めて中国へ行きました。

天津から北京へいき、適当にレストランに入り、よくわからない漢字メニューを前にして

これがおいしそう!注文したのが「酱爆茄子」という料理

 

当時は中国語が全く分からなかったのですが、

この「酱爆(ジャンバオ)」という漢字がおいしさを醸し出していました。

 

爆(バオ)は「油でさっと炒める」という意味で

酱(ジャン)は狭義では醤油、広義ではソース・タレ全般の意味。

 

「酱爆茄子」。うーん、見てもそそる漢字です!

 

2008年からスタート。13年をかけた四川料理プロジェクトの全貌はこちら!

四川料理プロジェクト

6000人が購読!四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

麻辣連盟

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣連盟では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理はツイッターにて!

【成都現地スタッフ更新!】今の四川現地グルメを公開中!

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  2. 辛さ極まる!唐辛子をたっぷり使った激辛ソース「刴椒」の簡単な作り方
  3. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  4. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  5. にんにくソースが香る絶品四川料理!中華前菜の定番|蒜泥白肉

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に生きる

中川正道
中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計24.5万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。