辣子鶏丁

 

 辣子鶏丁ラブストーリーは突然に

 

成都出身の劉さんとアイルランド出身のディーンさん。
二人を引き寄せたのは「辣子鶏丁(ラーズジーディン)」という四川料理。

 

出会いは5年前にさかのぼる。
河南省から成都に帰郷した劉さんは飛行機のチケットも購入し、
最後のごはんを食べたら河南省に帰る予定だった。

 

そして、アイルランからきたカメラマンのディーンさんは
峨眉山に写真を撮るために四川へきていた。

 

ディーンさんは友人も呼ばれて成都へ戻り、
最後のごはんを食べたら、アイルランドへ戻るはずだった。

 

そんな二人が成都のとあるレストランで
偶然にも同じ料理を注文した。

 

それが「辣子鶏丁(ラーズジーディン)」

 

店員さんから「辣子鶏丁」の鶏肉は一人前しかないんですが…
と言われ、それなら一緒にご飯を食べよう!ということになった。

 

調理時間:20分、動画:4:16

食材 鶏ムネ肉(1枚)、ネギ(1本)、生姜(適量)、ニンニク(2かけら)、甘長ピーマン(2本)
その他 干しトウガラシ(多め)、花椒(適量)、料理酒(適量)、豆板醤(大さじ1)、片栗粉(適量)

 

1.下準備をする

・鶏ムネ肉を1cm四方に切る。

・醤油、料理酒、片栗粉をまぶして下味をつけ、10分間おく。

・トウガラシは3等分に切る。

・ネギと生姜はニンニクはみじん切りにする

・ピーマンは種をとりざく切りにする

 

2.各食材を炒める

・フライパンに油をしき、煙がでるくらい熱したら、花椒、生姜、ニンニクを入れて香りを出す。

・鶏ムネ肉を入れて、火を通す。

・鶏ムネ肉が白くなったら、豆板醤、トウガラシ、ネギを入れて弱火で炒める。

・最後にピーマンを入れて、軽く炒めて完成!

 

最後に

 

二人の記憶の中で、この時食べた「辣子鶏丁」はすごく辛かったよう。

 

その時に劉さんが感じた辛さは

辣子鶏丁の辛さなのか、

それとも目の前に素敵な男性がきて

恥かしさのあまり辛さに逃げたのか。

 

ディーンさんも同じく、この時食べた「辣子鶏丁」は

特別に辛かったよう。

 

そして、ディーンさんは劉さんに一目ぼれ。

 

ディーンさんは成都に残りたい…と思い

劉さんは大胆にも購入した飛行機のチケットをキャンセルします。

 

その後、二人は成都に残り、一緒に暮らし、仕事をし、生活をともにするのでした。

 

そんな彼らが毎週末になると作るのは

 

もちろん「辣子鶏丁」。

 

心がほっこりしました。今日は「辣子鶏丁」を作ります!

 

 

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  2. 「本場の火鍋は違うんです」を、熱く、しつこく語る -その1-
  3. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  4. 3STEPで作るラー油たっぷりの口水鶏(よだれ鶏)
  5. たった3分!四川の家庭で使うラー油の作り方 | 油辣子

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 http://masamichi-design.com/