棒棒鶏
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。

おいしい四川サイトで紹介している楽山流のラー油たっぷりの棒棒鶏もおいしいですが、胸肉で作る家庭的な棒棒鶏も大好きです。

必要な材料

食材 胸肉(一枚)ネギ(少々)、生姜(2~3片)、酒(少々)
タレ ゴマペースト(レンゲ 1+1/2)、ラー油 (レンゲ2)、ゴマ油(レンゲ1)、酢(レンゲ2)、みりん(レンゲ 1)、 ゆで汁(れんげ1)、醤油(れんげ1)、塩(少々)、ゴマ(適量)

棒棒鶏

①胸肉を煮る ※皮はとっておく

鍋に胸肉がつかるぐらい水を入れて、少量のネギ、生姜、酒を入れて、強火で煮る。沸騰したら、弱火で15分煮る。ゆであがったら、水で冷やして熱をとる。

棒棒鶏

②ネギを切っておく

ネギはこま切りにしておく。

③バンバンと棒でたたく

棒で茹でた胸肉を叩いて、薄くする。叩いてほぐしやすくなったので、手で胸肉を細かくほぐす。

棒棒鶏

④タレを作る。

【タレ】をすべて使い作る。まずはゴマペースト+ゆで汁を混ぜてゴマペーストをなじませる。その後【タレ】の全部を入れてよく混ぜる。

棒棒鶏

⑤かける

タレが完成したら、ほぐした胸肉に少しずつかける。

棒棒鶏

胸肉を煮た後のゆで汁でスープを作成してもおいしい

・成都で食べる棒棒鶏といえば、「廖記」「胡記棒棒鶏」が有名ですが、こちらは口水鶏のようにラー油に浸った料理になります。

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

【令和元年10月22日祝日】10月13日(金)~10月23日(水)1000kmを駆け抜け、11の街へ行き名物料理を食べ歩く四日間。四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!麻辣ブームの火付け役、四川料理の専門家とゆく過去最大18店舗を食べ歩く贅沢でグルメな旅!

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  2. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  3. 「本場の火鍋は違うんです」を、熱く、しつこく語る -その1-
  4. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  5. 四川料理の達人「火哥」が教える本場の担担麺の作り方!

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。