アバター
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。

はじめに

 

ようやく夏ですね。ここドイツは毎日天気がよく、外はカンカン照りです。

 

そんな時にふと、辛い麺が食べたくなります。そんな時にさっと冷蔵庫にあるもので作ってみたいのは涼面(リャンメン)。

 

日本では夏といえば、酢がきいた冷やし中華が主流ですが、四川ではこの時期、激辛でパンチが効いた涼面をよく食べます。

 

今回は簡単な涼面の作り方を紹介します!

香辣涼面のレシピ

調理時間:20分

材料 麺(200g)、キュウリ(適量)、もやし(100g)、小ネギ(適量)、ニンニク(5つ)、パクチー(適量)、生の赤唐辛子(3個)、生の青唐辛子(2個)
香辛料 ピーナッツ(80g)、煎りゴマ(10g)
味付け 醤油、酢、塩、ごま油、ラー油

 

1.材料を切る

・小ネギ、ニンニク、パクチー、生の赤唐辛子、生の青唐辛子を刻む

・ピーナッツを砕く

2.たれを作る

・刻んだ小ネギ、ニンニク、パクチー、生の赤唐辛子、生の青唐辛子に醤油、酢、塩、ごま油、ラー油を入れまぜる。

・ピーナッツ、ゴマもいれて混ぜる。

3.仕上げる

・もやしをさっと煮る

・キュウリを細切りにしておく

・麺をゆで、氷水でしめる。

・しめた麺にゴマ油を入れ、固まらないように混ぜる。

・麺にキュウリ、もやし、たれをかけて混ぜて食べましょう!

 

まとめ

麺に油をまぜておくと固まりません。

 

もやし、キュウリのほかに代用できる食材であれば何でもトッピングしてください。ドイツではもやしがないので、トマトや生のズッキーニを入れたりして作っています。

 

ラー油とニンニクの香りってどうしてあんなに食欲をそそるんでしょうね。

四川流の冷やし中華として楽しんでください!

 

夏の風物詩「凉面」!路地裏で食べれられ続ける四川名物料理

双河葡萄井で作られる三国志時代からあるスイーツ「凉糕」【宜賓】

2008年からスタート。13年をかけた四川料理プロジェクトの全貌はこちら!

四川料理プロジェクト

6000人が購読!四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

麻辣連盟

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣連盟では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

最新四川料理はツイッターにて!

【成都現地スタッフ更新!】今の四川現地グルメを公開中!

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 辛さ極まる!唐辛子をたっぷり使った激辛ソース「刴椒」の簡単な作り方
  2. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  3. 湖南料理の定番!青唐辛子のバラ肉炒め | 辣椒小炒肉
  4. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  5. 角煮の原型?中国で一番人気ある煮込み料理「紅烧肉」の簡単な作り方

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に生きる

中川正道
中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計24.5万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。