About me
陳 琬蓥 (lea chen)、四川出身の四川料理マニア。中国語、日本語、英語をしゃべる好奇心旺盛で多趣味な人。ストレス解消法:「甜水麺」「葉兒耙」「蛋烘糕」「水煮魚」「干鍋兎」「肥腸粉」「麻辣烤鱼」「紅油水餃」「烤脳花」「鶏米芽菜」「粉蒸牛肉」を爆食いする。

まだまだ暑い日が続きますね…

この時期は冷たい料理より、酸っぱ辛い料理のほうが発汗作用があり、体をすっきりさせる効果があります。その理由としては、辛味と酸味が、エネルギー代謝を促進してくれるからです。

今回は四川の夏の定番料理、「酸湯肥牛」(スゥァン・タン・フェイ・ニィゥ)の作り方をご紹介します。

「酸湯肥牛」の作り方

「酸湯肥牛」は夏にポピュラーな四川料理です。作り方は人それぞれ。

四川泡菜(四川省で作られる乳酸発酵の漬け物)の代表的な泡酸菜(高菜の塩漬け)、泡酸蘿蔔(大根の塩漬け)、泡子姜(生姜の塩漬け)と野山椒(唐辛子の塩漬け)で作られたスープは、酸味が程よく辛味がおいしい!

調理時間:30分

食材など 牛肉切り落とし(400g)、えのき(150g)、泡酸蘿蔔(2コ)、泡酸菜(1枚)、泡子姜(1コ)、野山椒(適量)
味つけ 豚骨スープ(500ml)、豚脂(30g)、胡椒(適量)、調理用油(適量)、刻みネギ(適量)、輪切り青唐辛子と赤唐辛子(適量)、料理酒(適量)

1準備

・泡酸蘿蔔、泡酸菜をスライス切ります。

1

21

・泡子姜、野山椒を細かく切ります。

3

2.調理

・鍋にお水を入れて、沸騰させます。同時に、塩と油を入れます。

・えのきを鍋に入れて茹でます。茹で上がりましたら、お水をよくきって、器に移動します。

4

・キレイな鍋にお水を入れて、沸騰させます。そして、牛肉を入れて軽く茹でます。お肉の色が変わったら、鍋から出します。

5

・鍋に豚油を入れて、泡酸蘿蔔と泡酸菜を炒めます。香りが出たら泡子姜と野山椒を入れて炒めます。

6

・お水と豚骨スープを入れて、煮込みます。泡菜の酸味をスープに出すように、長くじっくりと煮込むことがおすすめです。

7

・スープに白胡椒を入れて、先茹でた牛肉を入れて茹でます。その後、少し料理酒を入れます。フープが沸騰したら、牛肉を取り出して、先ほど用意しておいたエノキの上に載せます。

8

 

3.最後の仕上げ

・牛肉にネギと野山椒を散らし、油を加熱してかけます。これで出来上がります。

10

 

まとめ

「酸湯肥牛」を美味しく作るコツは、泡菜の特別な酸味と香りを出すために、強火で泡菜をじっくり炒めること。

 

泡酸蘿蔔、泡酸菜、泡子姜、野山椒などの食材はどこで手にれるのか?

 

実は今では日本の中国食材店で簡単に購入できます。例えば、池袋北口の楊成城、友誼商店など。

 

 

日本ではめったにないこの四川の夏の人気レシピを、ぜひ楽しんでみてください!

 

 

第四弾・麻辣を極める四川省と重慶を食べつくす旅

今回の食べ歩きツアーは重慶市内はもちろんのこと、重慶の東の地区を回ります。例えば重慶大足、璧山、江津、郵亭、荣昌といったエリアです。断言できるのは「こんな地方都市行く人はまずいない」ということ。

そんなドローカルな場所へ大型バスを乗りつけ、1日6食ほど食べ、白酒で祝杯をあげて、楽しむツアーです!詳しくはこちらから!

四川料理超食べ歩きツアー

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 「本場の火鍋は違うんです」を、熱く、しつこく語る -その1-
  2. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  3. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  4. たった3分!四川の家庭で使うラー油の作り方 | 油辣子
  5. 5分で分かる!本格中華まん ー 「包子」の作り方

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
民間主導、世界最大の四川料理の祭典「四川フェス」を主催。二日間で6.5万人を動員。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。 http://masamichi-design.com/