重慶留学、四川料理

 

 

おいしい四川。

1999年から1年半の間、重慶市に滞在した当時のできごとを回想しながら、

この垂涎のお題について、これからつれづれなるままに、忘れがたい食体験の数々を綴っていきます。

 

でも、その前に一度だけ、「おいしくなかった四川」について、ぜひ語っておこうと思います。

これは、四川料理をよりおいしく味わうために、多くの人に知っておいていただきたいことなのです。

 

まさか!本場の四川料理が、おいしくない

家庭料理

18年前、中国語を学ぶために意気揚々として四川の地に降り立ったわたしは、

食卓につくたびに憂うつな気分にさいなまれました。

 

現地の食事が、おいしくないのです。

 

辛いものならどんなものでもおいしく食べる自信はありました。

タイ。韓国。メキシコ。

それぞれの辛さに、それぞれのおいしさを見出すことができると思っていました。

それに、わたしが渡航先を決めるもっとも大切な基準は、「食事がおいしそうなところ」だったはずでした。

 

しかし、どうでしょう。四川料理のコレは。

 

辛い、などという単純な理由ではなく

 

辛すぎて食べられない、というわけでもありません。

そうではなくて、味がないのです。

正確に言えば、食事の最初のひと口を食べると、強烈なしびれとともに味覚が麻痺し、

味がまったくわからなくなってしまうのでした。

何を食べても味がないので、毎度の食事は台無しに終わりました。

 

この麻痺感覚を、地元民たちは「爽!(スカッとする!)」と表現していました。

こうでなくては、食事は喉を通らないと。

 

日本の四川料理はおいしいのに

麻婆豆腐

渡航前は、四川料理が好きだと自認していました。

 

マーボードウフ。

ホイコーロー。

タンタンメン。

 

辛くなければ、おいしくない。

辛いからこそ、おいしいのだと。

 

日本の四川料理は、うん、やっぱりおいしい。

本場の四川料理は……何がこんなにも違うのでしょう?

 

お口直しに「さっぱり系」を注文するも…

空心菜の炒めもの

空心菜の炒めもの

あまりに食べられるものがないので、お口直しに青菜の塩炒めでも。

少しばかり味気ないけれど、わたしの舌は、とにかくホッとできるものを求めていました。

 

ごくごくシンプルな、チンゲンサイの塩炒めがテーブルに上ります。

唐辛子の赤がなりをひそめた、とてもおとなしそうなひと皿が。

 

そして、ひと口。

なぜか、わたしの口の中では、またもや味覚破壊爆弾がさく裂します。

 

四川の人たちは、味覚が壊れているのではないだろうか?

敗北感交じりに、そうとしか思えませんでした。

こんなものをおいしいと喜んで食べているのはきっと、舌がどうかしているからだと。

 

「どんな国のどんな料理もおいしく食べる」鉄壁の自負が崩壊

 

箸は進まず。

そして、テーブルを囲んで盛り上がっているみんなの会話も、まったく聞き取れません。

 

いつでも手持ち無沙汰のわたしは、ただじっと、一同の食事風景を眺めていることしかできませんでした。

笑顔だけはうっすらキープしていたつもりですが、上手にできていなかったかもしれません。

 

何より、留学生活の最大の楽しみのひとつだった食生活に関して、まったく楽しめないことが打撃でした。

それまであちこち旅をしてきて、

どんな国のどんな食事もおいしいと感じられる、味覚のダイバーシティには自信がありました。

それなのに、よくよく親しんできたはずの中華料理で玉砕している自分が受け入れられませんでした。

 

箸が進まないのでひたすらボーっとしていたら、気づいた事実

重慶郊外にある磁器口という古い街

重慶郊外にある磁器口という古い街

当時の重慶には外国の料理はおろか、中国のほかの地方の料理を扱う飲食店はほとんどありませんでした。

あったとしても、経済的に余裕のない留学生が気軽に入れるお店などありませんでした。

 

飢え死にしたくなければ、四川料理を毎日食べる以外に、選択肢はありませんでした。

 

しかたなく、来る日も来る日も地元の人々の食事に同席し続けました。

そして、あることに気づきました。

 

食事のマナーに関してはかなりおおらかな中国人ですが、

ここ四川では、テーブルに供された料理をいきなり箸でかっさらって口に運ぶ人はいませんでした。

 

実はこれが、四川料理をおいしく食べるためのコツだったのです。

 

食べる前のひと手間が、ありました

 

料理が出てきたらまずすることは、

「口に入れるべきではないもの」を片っ端から、丹念に箸でよけることです。

四川料理の中には唐辛子を筆頭に、「口に入れるべきではないもの」がたくさん潜んでいるのです。

四川料理では痺れる花椒が有名

四川料理では痺れる花椒が有名

唐辛子は目立つので、まだ大丈夫。

やっかいなのは、四川料理のスパイスとして唐辛子と双璧をなす「花椒(中国山椒)」でした。

 

花椒はひと粒ひと粒が小さく、具材に絡みつき、埋もれやすいのです。

箸でお皿の隅々をひっくり返し、花椒をすっかりよりわけてしまうまで、最初のひと口はお預けにしたほうがベターです。

 

うっかり取り忘れたものがひと粒でもあると……

ジリジリジリジリジリと口の中で暴れだし、たちまち味覚が奪われてしまいます。

 

この感覚を、中国語では「麻(マー)」と呼んでいます。

辛さを表す「辣(ラー)」とは、また区別されています。

「麻」は文字通り、「麻痺する」味覚です。

 

「おいしい四川」の不文律とは?

 

おいしい四川の世界にすんなり入るために、ひとつだけ覚えておきたいルール。

 

「どんなにおなかをすかせていても、四川料理はいきなりがっついてはいけない」。

 

これを実行に移すと、わたしの四川生活はたちまち、めくるめく美食の世界に変貌したのです。

 

※当連載は、筆者が1999年~2000年にかけて重慶市に滞在した当時の体験をベースに綴られており、現在の事情と異なる部分がある可能性があること、また同じ四川文化圏でも地域差が存在することをご了承ください。

 

次回掲載予定:【四川の漬物文化・その1】お漬物とごはんさえあれば…

 

 

 

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

日本にある四川料理と四川で食べる四川料理の違いは何でしょうか? その答えは種類の豊富さにあります。日本で食べられている四川料理の多くは麻婆豆腐、担担麺、回鍋肉、チンジャオロース、棒棒鶏ですが、これらの料理の多くは四川では特別ではく、普通の料理の一つ。

麻婆豆腐を例にあげると、四川ではそれほど人気がある料理ではありません。メニューの端にある家庭料理の一つです。

ぼくたちが企画する食べ歩きツアーで行くのは今、四川で人気のレストラン。それも、現地の人しかいない本当の食通が通うお店です。日本では絶対に食べられない、中国人も知らない、圧倒的な四川料理を皆さまにご紹介ます。

【2017年3月食べ歩きの旅】四川料理を愛するグルメ仲間と一緒に食べ歩きしませんか?

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川で人気の料理がわかる食レポ!

四川料理の達人

四川料理の達人マガジン(月額500円)四川で人気の料理がわかる食レポ!本場四川の一流料理店レシピ、特級厨師の伝統的な料理等。毎月2回不定期更新!マガジン購読者は非公開グループに入り質問できる特典あります。

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. にんにくソースが香る絶品四川料理!中華前菜の定番|蒜泥白肉
  2. アントニオ猪木も愛する燃える闘魂激辛料理「辣子鶏」の作り方
  3. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  4. 豆板醤が決め手!四川風ひき肉と春雨のピり辛炒め|螞蟻上樹
  5. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/