麻辣香鍋

 

休日に半日かけて作り、食べつくしたい!

そんな本格四川料理はいかがでしょうか?

 

動画を見ているだけでお腹が減り、思わずスーパーへ食材を買いに出かけてしまいました(笑)

 

辛くてしびれる四川の麻辣味が大好きな方にオススメしたい、

家庭で作る「麻辣香鍋(マーラーシャングォ)」。

 

食材は自分の好きな食材、買える食材で。

香辛料も火鍋で使うマニアックなものが多いですが、

ないならないで大丈夫です。

 

味の秘訣は「ラード、ネギ油、香味油」の3種類の手作り油。

時間がある時に楽しみながら作ってみてください。

 

そして、味つけのベースは火鍋の素と豆板醤です。

 

調理時間:約2時間

動画の長さ:1:45

 

野菜 ジャガイモ(1つ)、茎レタス(1本)、さやえんどう(一つかみぐらい)、えのき(1束)、厚揚げ(1つ)
食材 手羽先(2つ)、豚バラ(1ブロック)、エビ(5匹)、ウインナー(5本)、スパム(2枚)、乾燥ゆば(5本)
香味油 乾燥トウガラシ(5本)、花椒(少量)、八角(3つ)、茴香(少量、ウイキョウ)、山奈(少量)、肉蔻(複数、ナツメグを乾燥させたもの)、草果(ショウガ科の植物の一種)
ラード 豚の油身
ネギ油 生姜(ひとかけら)、タマネギ(1つ)、小ネギ(数本)
味つけ 火鍋のもと(一袋半分ぐらい)、豆板醤(大さじ3)、ニンニク(1束)、自家製ネギ油、自家製ラード、自家製香味油、干したトウガラシ(10本)、生姜(スライス3枚)
仕上げ セロリの葉っぱ、パクチー、白ごま

 

 

1.材料をきる

・手羽先に切り目を入れる。

・じゃがいもは薄くスライスする。

・茎レタスは皮をはぎ、ざく切りにする。

・レンコンは薄くスライスする。

・さやえんどうは筋をとる。

・えのきの根元をきり、ほぐしておく。

・ブロッコリーを切る。

・厚揚げは一口サイズに切る。

 

2.その他食材をきる

・豚バラは1cmぐらいでスライスする。

・えびの背わたをとる。

・ウィンナーに切れ目をいれる。

・スパムは一口サイズにきる。

・センマイを一口サイズにきる。

・乾燥ゆばは水に一時間つけておく。一時間後、横半分にきる。

 

3.油で火を通す

・切った野菜を油で素揚げし、火を通す。

・手羽先、豚バラ、エビ、ウインナー、スパム、乾燥ゆばを油で軽く素揚げする。

 

4.ラードをつくる

・豚の油身を炒めてラードをつくる。

・カリカリになった豚の身は別の器に移す。

・出来上がった豚油(ラード)は冷やす。

 

5. ネギ油をつくる

・生姜、タマネギは大きめにスライスする。

・ネギは二つにきる

・じっくり生姜、タマネギ、ネギを油で炒めてネギ油を作る。

・油を別の器にうつす。

 

6.香味油をつくる

・熱していないフライパンに油をしく。

・【香辛料】を入れてじっくり香りをだし、香味油を作る。

・油を別の器にうつす。

7.鍋をつくる

・ラード(大さじ2)をフライパンに入れて熱する。

・香味油をいれる。

・トウガラシ、生姜、豆板醤、火鍋の素を入れて炒めて香りをだす。

・豚バラをいため、手羽先をいため、ウインナー、エビを炒める。

・野菜をいれて炒める。

・ニンニク、ネギ油をいれて香りをさらに追加。

・セロリの葉をいれて、炒める。

・鍋にいれ、パクチー、白ごまを入れる。

・鍋に火をつけてぐつぐつ煮たたせながら食べる。

 

まとめ

 

好きな具材で楽しんでください。

油は0.5リットルぐらい使います。ヘルシー志向な方はオリーブオイルで試してみてください。

 

中国語のサイトを見てみると「麻辣香鍋(マーラーシャングォ)」という料理は

重慶郊外にある縉雲山(ジンユェンサン)が発祥のようです。

 

見た感じ成都でよく食べられる「干鍋」(ガングォ)のような料理ですね。

「干鍋」の場合、お店によってはメイン具材を食べ終わった、

野菜など追加することができます。

 

このレシピにある「麻辣香鍋」も同じようにメイン食材を食べ終わったら、

ジャガイモ、レンコンなど野菜の追加、手打ちの麺など追加で炒めるのもおいしそうです。

 

激辛好きの友人を呼び、パーティーで出したら、喝采をあびること間違いなし!

 

 

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

四川料理フェス

 

3月に行った四川料理超食べ歩きツアーに参加されたお客様から「辛いもの好きで食べるの好きな人へ、自分で行くと出来ない体験ができます!」「食べることが好きな人なら、絶対120%満足ができる旅を保証します!」とコメントいただきました。

これまで見たことない景色、信じられないくらしびれる花椒、トラウマになるくらいの強烈な香り、四川料理の「頂」をみたかもしれない!と思える圧倒的な四川料理の体験をぎゅぎゅっと凝縮した旅になります。料理関係者の方にとっては収穫体験をし、新しい新鮮な花椒を現地価格で大量に購入できます。花椒農家の紹介も!

ちょっと早い夏休み、花椒を味わい尽くす旅、ぜひ、ご参加ください!

【限定10名】旬を旅する!しびれ極まる!取れたて香り抜群の最高品質の花椒を味わいつくす旅

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス来場者2万人以上!四川フェス・スタンプラリー8月31日まで!

四川料理フェス

 

四川フェススタンプラリーとは四川フェスに出店していただいた12店舗の店舗へ実際へ行き、8月31日までに8店舗制覇した方に抽選で豪華賞品があたる四川フェスのスピンオフイベントです!

スタンプラリー専用用紙は四川フェス当日のパンフレット、または以下専用用紙をダウンロードし、印刷しご使用ください。

QUOカード5千円!陳麻婆豆腐セットが当たる!四川フェススタンプラリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  2. にんにくソースが香る絶品四川料理!中華前菜の定番|蒜泥白肉
  3. 「本場の火鍋は違うんです」を、熱く、しつこく語る -その1-
  4. ごはんの上にかけて食べたい!中国家庭料理 セロリと豚ひき肉炒め
  5. アントニオ猪木も愛する燃える闘魂激辛料理「辣子鶏」の作り方

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/