豆瓣排骨

 

 

豚のスペアリブを見つけたら、試してみてほしい四川料理「豆瓣排骨」。

味つけはシンプルに豆板醬とニンニクのみ。成都で食べられている家庭料理です。

 

豆瓣(ドウバン)とは豆板醤のこと、排骨(パイグー)はスペアリブ。

 

豆板醬を使うので、色は赤くなりますが、それほど辛くはありません。

 

味がしっかりしているので、面のトッピングにしてもよし、

そのまま食べておかずにしてもよし。

 

根菜をいれて煮てもおいしいですね。

 

調理時間:2時間30分

動画:作り方は1:40まで

食材 豚のスペアリブ(500g)、鶏ガラスープ(500g)、ニンニク(2束)、ネギ(1束)
味つけ 豆板醤(30g)、醤油(適量)、塩(適量)

 

1.スペアリブを煮る

・沸騰したお湯でスペアリブを煮る。

・白くなってきたら、皿に移す。

 

2.調味料を炒める

・フライパンに油をしき、熱する。

・豆板醤を入れ、じっくり炒めて香りを出す。

 

3.スペアリブを炒める

・豆板醤の香りがでてきたら、スペアリブを入れて炒める。

・スペアリブに豆板醤の色がついてきたら、鶏ガラスープを入れる。

※鶏ガラスープはスペアリブが半分ほどつかるぐらいでOK。

※鶏ガラスープがない場合、ダシでもよし、お湯でもよし

 

4.スペアリブを煮る

・ニンニクを二束いれる

・ネギを一束いれる

・弱火にて2時間じっくり煮る。

・2時間後、ふたをあけ、味見をする。塩分が足りなかったら、醤油、塩を足す。

・お好みでパクチー、またはネギを盛りつけて完成!

 

まとめ

 

四川の煮込み料理で多いのは、このような豆板醤味です。

 

豆板醤は炒め料理に使われるというのが日本での認識です。

しかし、現地では煮る料理でも多く使われます。

 

また豆板醤はそら豆を発酵させて作るので、味噌と似ている?とよく言われますが、

味噌と豆板醤は発酵させるときの食材に大きな違いがあります。

 

味噌は大豆と麹で発酵をさせますが、

豆板醤は麹に「油、唐辛子、ニンニク、生姜」をプラスして発酵させます。

 

豆板醤は唐辛子や油を含むため、炒めもの、煮ものには最適です。

しかし、味噌のよにスープには向きません。

 

万能調味料の豆板醬!何でも使える!と思っていましたが、

スープという死角がありました…

 

 

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

四川料理フェス

 

3月、11月に行った四川料理超食べ歩きツアーに参加されたお客様から「辛いもの好きで食べるの好きな人へ、自分で行くと出来ない体験ができます!」「食べることが好きな人なら、絶対120%満足ができる旅を保証します!」「同じ価値観をもった仲間と出会える!」とコメントいただきました。

これまで見たことない料理、涙を流すほど信じられないくら辛い料理、トラウマになるくらいの強烈な香り、四川料理の「頂」をみたかもしれない!と思える圧倒的な四川料理の体験をぎゅぎゅっと凝縮した旅になります。料理関係者の方にとっては日本に四川料理を伝えた陳建民氏を輩出した街へ。日本の四川料理のルーツとなる四川省南部。少人数では食べられない田舎の料理をたべましょう!

今年最後の四川料理の旅、ぜひ、ご参加ください!

【限定10名】第三弾四川省南部へ!日本の四川料理のルーツを巡る旅

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス来場者2万人以上!四川フェス・スタンプラリー8月31日まで!

四川料理フェス

 

四川フェススタンプラリーとは四川フェスに出店していただいた12店舗の店舗へ実際へ行き、8月31日までに8店舗制覇した方に抽選で豪華賞品があたる四川フェスのスピンオフイベントです!

スタンプラリー専用用紙は四川フェス当日のパンフレット、または以下専用用紙をダウンロードし、印刷しご使用ください。

QUOカード5千円!陳麻婆豆腐セットが当たる!四川フェススタンプラリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  2. 中国で一番人気がある調味料、老干媽を作った陶華碧の感動物語
  3. 本場の四川で食べる回鍋肉の作り方
  4. 湖南料理の定番!青唐辛子のバラ肉炒め | 辣椒小炒肉
  5. にんにくソースが香る絶品四川料理!中華前菜の定番|蒜泥白肉

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/