酸辣粉
About me
中川正道。四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表。2002~2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。得意技は四川料理、デザイン、巻き込み力。

 

たっぷりのラー油から手作りして作る

重慶名物の「酸辣粉」(スァンラーフェン)

 

酸辣粉の麺は小麦粉の麺ではなく「さつまいも粉で作った麺」を使います。

さつまいも麺は韓国料理のチャプチェなどでも使われますね。

 

さつまいも麺がない場合、中華麺でも代用可。

うどんで作ってみるのも面白いですね。

 

調理時間:1時間。動画: 1:57秒~

ラー油用 トウガラシ(20本ぐらい)、ニンニク(1束)、ネギ(半分)、生姜(5枚)、白ごま(適量)
ラー油の香辛料 花椒(20個ぐらい)、草果(3つ)、バンウコン(2かけら)、ウイキョウ(適量)、陳皮(2かけら)、カルダモンの実(5つ)、シナモン(2本)、紫草(適量)、ローリエ(5枚)
そぼろ ニンニク、生姜、豚ミンチ、豆板醤、醤油、鶏ガラスープ
酸辣粉 さつまいも麺、酢漬けしたササゲ、生姜、ニンニク、花椒油、醤油、酢、塩、ピーナッツ、大豆、小ネギ

 

 

1.一味唐辛子を作る

・トウガラシは2種類の品種を使う。一つは二荆条(四川で一番使われる品種)、もう一つは朝天椒。

・ハサミでトウガラシを切る。種もそのまま使う。

・フライパンに油をいれ、トウガラシを煎る。

・香りが出来てきたら、ミキサーにかけて一味にする

・三つの小皿に分けておく

・ネギをざく切りにし、生姜をスライスする

・ニンニクは皮をはいでおく

 

2.自家製ラー油を作る

・油を180度まで熱し、【ラー油の香辛料】を入れ、ネギ、ニンニク、生姜を入れて強火で5分間、熱して香りを出す

・温度を150度くらいまで下げ、一皿目の一味唐辛子をいれる。

・温度を100度くらいまで下げ、二皿目の一味唐辛子をいれる。

・温度を60度くらいまで下げ、三皿目の一味唐辛子をいれ、かき混ぜる

・仕上げにゴマをふって、ラー油完成

 

3. そぼろを作る

・ニンニク、生姜を細かく刻む

・フライパンに油をしき、ニンニク、生姜、豆板醤をいれ香りを出す

・豚ミンチを入れてしっかり火を通す

・醤油を入れて味を調える

・水分(鶏ガラスープ)を少し入れて炒め、そぼろは完成。

 

3.酸辣粉の下準備

・酢漬けしたササゲを小間切れにする。

・さつまいも麺をお湯に30分間つけもどす

・さつまいも麺は戻した後、水につけておく

・フライパンに水を入れて強火でさつまいも麺を煮る

・ピーナッツと大豆は油で素揚げしておく(そのままでもOK)

 

4.酸辣粉の味つけ

・どんぶりに生姜、ニンニクをいれ、花椒油、醤油、酢、塩を入れてタレを作る

・どんぶりに冷めた鶏ガラスープをいれる

・茹でたさつまいも麺をどんぶりにいれる

・油で素揚げたピーナッツ、大豆をトッピング

・ササゲをトッピングし、そぼろをたっぷりと入れる

・ラー油をたっぷりとかけ、ネギをふって完成!

 

まとめ

 

動画には分量など書いていないので、感でつくってみてください(笑)

辛めが好きな人はラー油多めに。

 

味付けは醤油より酢をたっぷり目にいれると本場重慶の味に近づきます。

 

四川ではさつまいも麺のことを

「苕粉条」(シャオフェンティヤオ)と言います。

 

「苕粉条」は熱にもつよく、プチッときれ、

つるっと食べれる面白い食感の麺で

成都名物の肥腸粉の麺としても使われます。

モツがうますぎる!薩摩芋の粉から作る激辛「肥腸粉」【成都】

また火鍋の最後のシメや冒菜に入れたり、

ラー油たっぷりの味の濃い料理によく合います。

 

日本ではあまり食べないさつまいも麺ですが、

実は中国、韓国など東アジアでは定番の麺なのでした。

 

 

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

【令和元年10月22日祝日】10月13日(金)~10月23日(水)1000kmを駆け抜け、11の街へ行き名物料理を食べ歩く四日間。四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!麻辣ブームの火付け役、四川料理の専門家とゆく過去最大18店舗を食べ歩く贅沢でグルメな旅!

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  2. 「本場の火鍋は違うんです」を、熱く、しつこく語る -その1-
  3. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  4. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  5. 実は簡単!15分で作れる激旨汁あり担担麺の作り方

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。