1

包子は日本のおにぎりのような、中国人が朝食やお菓子としてほぼ毎日食べているものです。特に寒い冬の朝は、蒸したての肉まんを食べると体が暖かくなり、一日中元気になります。

今回は家庭で簡単にできる本格的な中国肉まん(肉包)、野菜まん(菜包)とあんまん(豆沙包)のそれぞれの作り方をご紹介します。

調理時間:30分

中力小麦粉(150g)、ドライイースト(2g)、ベーキングパウダー(2g)、砂糖(10g)、お水(85ml)
肉あん 挽肉(500g)、塩(8g)、砂糖(20g)、胡椒(1g)、本醸造醤油10g)、ゴマ油5ml)、おろし生姜(5g)、生姜汁(100ml)
野菜、つぶあん ちんげん菜(1.5kg)、椎茸(100g)、砂糖(30g)、ピーナッツ油(90ml)、ゴマ油20ml)、塩(2g)、つぶあん(100g)


1.肉あんを用意する

・挽肉に塩、砂糖、醤油、胡椒、おろし生姜とゴマ油を入れる。

・生姜汁を3回に分けて、お肉と十分に混ぜて入れる。

・肉あんを冷蔵庫にたたいて、冷蔵庫に1時間−2時間ぐらい置く。

2

2.野菜あんを用意する

・椎茸を細かく切って炒める。

・ちんげん菜を湯がいてお水を切る。

・ちんげん菜を切って椎茸と混ぜる。

・砂糖、塩、ピーナッツ油、ごま油を入れて和える。

・冷蔵庫に入れて1時間−2時間ぐらい置く。

23

3.つぶあんを用意する

・つぶあんを均等な大きさに丸めて、6コのあん玉を作る。

3

4.皮の生地を作る

・小麦粉にドライイースト、砂糖を入れ、外側にベーキングパウダーを撒く。

・お水を3回に分けて入れ、雪片の形に和える。

12

・生地を滑らかになるまでにこねる。

・生地を細長くこねて、40gに分割する。

・生地が乾くならないようにラップをかける。

4

5.肉まん、野菜まんを包んむ

・生地を真ん中が厚く、周りが薄い皮に伸ばす。

・肉あんや野菜あんを皮に入れて、片手で皮を持ち、片手で皮を回しながら皮を包む。

(詳しい包み方は動画をご参照ください。)

・理想的な肉まんは、皮にシワが18コずつ入る。

5

6.あんまんを包む

・生地を真ん中が厚く、周りが薄い皮に伸ばす。

・つぶあんを皮に入れて、片手で皮を持ち、片手で皮を回しながら皮を丸める。

・専用の道具であんまんに模様を作る。(模様は他の好きな形でも構いません。)

8

7.中華まんを蒸す

・包み終わった中華まんをセイロに入れて、蓋をかけて20分間置き発酵させる。

・指先で軽く押すとすぐ回復したら発酵が完成。

7

・中華まんを強火で10分(あんまんは8分)ほど蒸す。

・ふわふわで美味しい中華まんが出来上がる。

10

まとめ

初めて作る方は蓋を開けるとふわふわだった中華まんが一瞬しぼんでしまい、色も変わってしまうことにあう可能性が高いです。以下は中華まんをしぼまないようにするコツをご紹介します。

・セイロを沸騰したお湯ではなく、沸かす前のお水にかける。

・蒸し終わったら、少し時間を置いてから蓋を開ける。

11

この2点だけで中華まんの成功率が上がります!

さあ、美味しい中華まんを作ってみましょう!

 

 

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

四川料理フェス

 

3月、11月に行った四川料理超食べ歩きツアーに参加されたお客様から「辛いもの好きで食べるの好きな人へ、自分で行くと出来ない体験ができます!」「食べることが好きな人なら、絶対120%満足ができる旅を保証します!」「同じ価値観をもった仲間と出会える!」とコメントいただきました。

これまで見たことない料理、涙を流すほど信じられないくら辛い料理、トラウマになるくらいの強烈な香り、四川料理の「頂」をみたかもしれない!と思える圧倒的な四川料理の体験をぎゅぎゅっと凝縮した旅になります。料理関係者の方にとっては日本に四川料理を伝えた陳建民氏を輩出した街へ。日本の四川料理のルーツとなる四川省南部。少人数では食べられない田舎の料理をたべましょう!

今年最後の四川料理の旅、ぜひ、ご参加ください!

【限定10名】第三弾四川省南部へ!日本の四川料理のルーツを巡る旅

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス2017 来場者2万人以上!四川フェス

四川料理フェス

 

日本初の四川フェスは来場者2万人以上、全店舗完売となりあ大成功しました!

四川フェス2018は場所を変えて新宿中央公園にて開催!4月7日~8日と二日間開催決定!

【仲間募集!】四川フェス2018@新宿中央公園での開催決定!

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  2. 中国古代風の美人から麻婆豆腐の伝統的な作り方を学ぼう!  
  3. 3STEPで作るラー油たっぷりの口水鶏(よだれ鶏)
  4. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  5. 「本場の火鍋は違うんです」を、熱く、しつこく語る -その1-

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/