山芋とナツメの蒸しケーキ
About me
Ko jun Wang 。台湾生まれ、12歳の時に日本へ移住。ほぼ日本育ちの為、母国語である中国語以上に日本語が堪能!大の旅行好きなので、通年動き回っています。2016年より生活の拠点を成都に移し、美味しい四川のレシピ制作と翻訳に携わりながら、本場の中医学と漢方について学ぶ。

 

寒い日が続いておりますが、特にこの時期に

甘~い食べ物がほしくなりますよね!

 

食べたいのに、太るのがちょっと・・というやせ我慢をしている方に、

是非、おすすめしたいスイーツはこちら

 

「枣泥山药糕」(ザォニー シャン ヤウ ガウ)

 

「枣泥山药糕」は、中国食べられている人気なデザートの一つです。

山芋とナツメをたっぷり使い、冷え性や貧血、アンチエイジングなど、

女性に嬉しい効果がいっぱいです!!

 

調理時間:40分

食材 乾燥ナツメ(250g)、山芋(250g)、ヨーグルート(適量)、上新粉(少々)、片栗粉(少々)
味つけ 塩(少々)、赤糖(20g)、粉砂糖(適量)

 

1.ナツメのあんを作る

・乾燥ナツメをきれいに洗い、種を取り除く

・お水を沸かし、種を取り除いたナツメを20分間煮る

・柔らかくなったナツメをこし器に移し、皮だけになるまで漉す

・フライパンに油を少し入れ、赤糖と漉したナツメを入れなじませたら、塩と片栗粉を入れて炒める

・水分がなくなるまで炒めたら、火からおろし冷まします。

2.あんの皮を作る

・山芋をきれいに洗い、皮ごと蒸し器に入れ約40分蒸します

・柔らかくなった山芋を包丁の背を使い、滑らかになるまでつぶしながら裏ごしする

・なめらかになった山芋に粉砂糖とヨーグルートを入れ、全体がまとまるまで混ぜ合わせる

3.成形する

・あんと皮をそれぞれ一個分ぐらいの大きさにわけて、丸めておく

・皮は手に乗せ、少し平ぺったくつぶし、餡を入れ丸めながら団子状にします

・手のひらに上新粉を少しまぶし、丸めた団子を型に入れ、ゆっくりつぶしながら

型にはめ込み、最後に取り出して完成。

まとめ

・山芋で皮を作るときに、粘り加減をみながらヨーグルートの量を調整します

・ナツメ自体には甘さがあるので、赤糖や粉砂糖を少なめに!!

・粉砂糖の代わりに、テンサイ糖を使うとほのかな甘さになります

 

中国では、地方によっていろんな種類のスイーツがあります。

ナツメ、小豆餡、餅、ゴマ、酒粕など、意外と日本人に馴染みのある食材を使うことが多く、

特徴として、体を温め、温かいものであることを重要視されています。

 

「枣泥山药糕」は、主に漢方薬でも使われる山芋とナツメを使用しており、

体内の余分な熱を取り除き、解毒作用や女性機能を整える働きがあると言われています。

 

自宅でお好みの甘さに調整しながら、好きな形に作ることもでき、

ヘルシーでキュート!!

 

ほのかな甘さで体と心をほっこりさせる「枣泥山药糕」

温かいお茶と一緒にいかがでしょうか?

 

 

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

【令和元年10月22日祝日】10月13日(金)~10月23日(水)1000kmを駆け抜け、11の街へ行き名物料理を食べ歩く四日間。四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!麻辣ブームの火付け役、四川料理の専門家とゆく過去最大18店舗を食べ歩く贅沢でグルメな旅!

第六弾!四川料理超食べ歩きの集大成!田舎に眠る料理を探し出せ!

四川料理を愛する仲間募集!四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

【2日で10万人来場!】四川フェス2019 4.20~21

四川フェス2019

東京麻辣ストーリー~しびれる恋の行方

四川省成都からきた留学生「小桃(シャオタオ)」、麻婆豆腐好きの日本人大学生そう太。シャツにラー油がついた···から始まる四川料理恋愛ストーリー!

東京麻辣ストーリー

来場者6.5万人以上!中華一番!極、鈴木亜美さんと激辛コラボ

四川料理フェス

来場者2万人以上!日本初の四川料理の祭典、四川フェス2017

四川料理フェス

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)
中川 正道 張 勇
書肆侃侃房 (2014-08-25)
売り上げランキング: 30,730

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 永久保存版!本場の四川で食べる麻婆豆腐の作り方
  2. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  3. 「本場の火鍋は違うんです」を、熱く、しつこく語る -その1-
  4. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  5. 四川料理の達人「火哥」が教える本場の担担麺の作り方!

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします! facebookを見る


世界を遊び場に仕事をつくる

中川正道、1978年島根県生まれ。四川師範大学にて留学。四年間四川省に滞在し、四川料理の魅力にはまる。2012年にドイツへ移住。0からWEBデザインを勉強し、フリーのデザイナーとしてドイツで起業。2017年に日本へ帰国。「人生の時を色どる体験をつくる」をテーマに妻の中川チカと時色 TOKiiRO 株式会社を設立。
四川料理マニアたちがつくる四川料理の祭典「四川フェス」主催。過去動員数累計20万人。四川料理、しびれ、麻辣、マー活ブームに火をつけ中華業界を盛り上げる。