凉拌西瓜皮

 

普段なら捨ててしまうスイカの皮を使った中国の冷菜をご紹介します。

調理時間:約15分

 

四川料理でスイカを食材として使うか?と質問をいただきました。

 

四川に住んでいた時はスイカと言えば、生で食べるか、

またはフレッシュジュースとして飲むか。

 

成都にいるメンバーに聞いてみたところ、

ほとんどの人は

「食べないよ」「食べたことない…」「黒暗料理でしょ…」

と言っていましたが

 

一人だけ「冷菜にして食べているよ!」

という強者がいました。

 

そんな彼女がオススメした料理が凉拌西瓜皮(リャンバンシーグァピー)。

誰でも簡単にできるスイカの皮を使った冷菜料理です。

 

 

食材 スイカ(1つ:皮のみ使用)、生の赤トウガラシ(1つ)、ニンニク(2つ)、小ネギ(1本)
香辛料 ラー油(15g)、醤油(10g)、ゴマ油(10g)、酢(3g)、塩(適量)
調味料 醤油、塩、砂糖

 

1.スイカをきる

スイカの赤い実の部分と外側の緑の皮をとりのぞく。

皮の白い部分を細切りにする。

塩を適量入れてまぜ、水分をだす。

凉拌西瓜皮

2.その他材料を切る

赤トウガラシの頭と先を切り、真ん中に包丁を入れて、開く。

種の部分をとり、細切りにする。

小ネギは小さく輪切りにする。

ニンニクは細かくみじん切りにする。

凉拌西瓜皮

3.味付け

スイカの皮の水分を外にだす。

スイカの皮を入れたボールに赤トウガラシ、小ネギ、ニンニクをいれて混ぜる。

ラー油、ゴマ油、酢、醤油を入れ、まぜて完成!

凉拌西瓜皮

まとめ

 

これは中国のある家庭で食べられてきた料理。

四川のレストランでも見たことありません。

 

ただ、クックパッド見るとスイカの皮のレシピたくさんあるようです。

野菜、果物など自然から出来たものは何でも食べれるんですね。

勉強になりました!

 

 

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス2017 来場者2万人以上!四川フェス

四川料理フェス

 

日本初の四川フェスは来場者2万人以上、全店舗完売となりあ大成功しました!

四川フェス2018は場所を変えて新宿中央公園にて開催!4月7日~8日と二日間開催決定!

【仲間募集!】四川フェス2018@新宿中央公園での開催決定!

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  2. 3STEPで作るラー油たっぷりの口水鶏(よだれ鶏)
  3. アントニオ猪木も愛する燃える闘魂激辛料理「辣子鶏」の作り方
  4. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  5. 中国古代風の美人から麻婆豆腐の伝統的な作り方を学ぼう!  

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/