黒糖もち

 

大家、新年快楽!!

みなさま、お正月休みはいかがお過ごしでしょうか?

 

中国では、日本と違い、旧暦の正月(旧正月)で元旦を祝うので、

新暦の元旦から、多くの会社や銀行が営業していることに、

少しカルチャーショックを感じる、そんな2017年の幕開けでした。

 

さて、日本ではお正月におせち料理やお雑煮を食べることが伝統ですが、

中国では、地方によってそれぞれ違います。

 

そんな中、今回は私が小さい時に食べ慣れ親しんだ故郷の味、

台湾の新年に食べる「黒糖年糕」(ヘータン ネン ガォ)をご紹介します。

 

調理時間:2時間

 

食材 黒糖(200g)、もち米粉(200g)、トウモロコシ粉(100g)、ナツメ(1粒)

1.下準備

・もち米粉とトウモロコシ粉をふるいにかけておく

・鍋を熱しておく

・型の裏全体に油を薄く塗っておく

2煮て、混ぜる

・熱した鍋に黒糖とお水を入れ、黒糖が溶けるまで弱火で煮て冷ます

・混ぜ合わせたもち米粉とトウモロコシ粉をボールに入れ、真ん中に少しくぼみを作り、冷ました黒糖水を流し込む

・全体がなめらかになるように混ぜ合わせたら、さらにダマがないように漉す

3.蒸して、炒める

・裏面に油を塗っておいた型に、混ぜ合わせた生地を流し込み、上にアルミホイルをしっかりかけておく

・強火で1時間15分蒸してから、さらに弱火で45分蒸す

・最後にナツメを生地の上にのせて、冷ます

・黒糖もちを食べやすい大きさに切って、油で表面が少しカリッとなったら完成

4.まとめ

・黒糖水が完全に冷めてから、粉と混ぜないと粘りが出て混ぜにくくなります

・黒糖もちは出来立ての状態では柔らかく、もちもちでそのまま食べてもおいしいです

 

「年糕」(ネン ガォ)とは、もち米を蒸して作る中国式のおもちです。

 

年糕の発音が「年年高」(年々上昇する、向上する)という意味を含め、

とても縁起の良い食べ物として、主に中国の南地域で新年に食べます。

 

私が小さい時、祖母がお正月に決まって黒糖年糕を作るのですが、

台湾では、さらに溶き卵を黒糖もちに絡めてから炒めます。

 

卵の香ばしさと黒糖もちの柔らかい甘味は、私にとって大好きな祖母の味

そして懐かし故郷の味です。

 

 

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

四川料理フェス

 

3月に行った四川料理超食べ歩きツアーに参加されたお客様から「辛いもの好きで食べるの好きな人へ、自分で行くと出来ない体験ができます!」「食べることが好きな人なら、絶対120%満足ができる旅を保証します!」とコメントいただきました。

これまで見たことない景色、信じられないくらしびれる花椒、トラウマになるくらいの強烈な香り、四川料理の「頂」をみたかもしれない!と思える圧倒的な四川料理の体験をぎゅぎゅっと凝縮した旅になります。料理関係者の方にとっては収穫体験をし、新しい新鮮な花椒を現地価格で大量に購入できます。花椒農家の紹介も!

ちょっと早い夏休み、花椒を味わい尽くす旅、ぜひ、ご参加ください!

【限定10名】旬を旅する!しびれ極まる!取れたて香り抜群の最高品質の花椒を味わいつくす旅

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス来場者2万人以上!四川フェス・スタンプラリー8月31日まで!

四川料理フェス

 

四川フェススタンプラリーとは四川フェスに出店していただいた12店舗の店舗へ実際へ行き、8月31日までに8店舗制覇した方に抽選で豪華賞品があたる四川フェスのスピンオフイベントです!

スタンプラリー専用用紙は四川フェス当日のパンフレット、または以下専用用紙をダウンロードし、印刷しご使用ください。

QUOカード5千円!陳麻婆豆腐セットが当たる!四川フェススタンプラリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  2. 湖南料理の定番!青唐辛子のバラ肉炒め | 辣椒小炒肉
  3. 「本場の火鍋は違うんです」を、熱く、しつこく語る -その1-
  4. 冷やし中華を超える!夏に食べたい激辛の香辣涼面の作り方
  5. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/