鶏の塩丸焼き

 

もうすぐクリスマスですね!

クリスマスに食べる名物料理と言えば「七面鳥の丸焼き」です。

 

アメリカやヨーロッパ地方では、クリスマスディナーに七面鳥の丸焼きを

食べるのが伝統にですが、日本では七面鳥が馴染まず、

お手軽な鳥肉がメインになっております。

 

パティーや集まりが多いこの時期、料理を振る舞うことも多いと思いますが、

そんな時に、是非おすすめしたいのが客家の伝統料理である、

「古法鹽焗雞」(クーファー イェン ジュ ジー)です。

 

調理時間:1時間30分

食材 鶏一羽(約1000g)、葱(一本)、生姜(一個)、花椒(適量)、八角(適量)、パクチー(少々)
味つけ あら塩(2400g)、食塩(適量)、米酒(適量)

 

1.鶏肉の下ごしらえ

・頭と爪を取り除いた鶏をきれいに洗い、干しておく

・米酒に塩を混ぜて、鶏の内側と外側に塗り30分間漬ける

・漬けている間に、葱をぶつ切りにし、生姜をスライスしておく

・30分たったら、鶏全体に薄く油を塗り、葱と生姜を内側に入れむ

・最後にアルミホイルで鶏全体をしっかり包む

2.あら塩を炒める

・大き目な中華鍋を熱し、あら塩を入れ炒め、全体の温度が上がるまで炒める

・温度が上がってきたら、八角と花椒を加え香りが出るまで炒める。

・あら塩の中の水分がなくなり、ピリピリの音と一緒に全体の色が変わったら完成

3.鶏を蒸す

・土鍋に1/4のあら塩を敷き、その上に鶏を置きます。

・残りのあら塩を鶏全体が覆いかぶさるように、しっかり固めながら入れる

・土鍋に火をかけ、強火で10分蒸してから弱火で1時間蒸して完成

4.まとめ

・鶏肉を選ぶ際に、風味豊かな地鶏がおすすめです

・濃い味が好きな方は、つけタレとして豆板醤や七味を一緒にどうぞ!

 

客家料理とは、中国八大料理の広東料理の種類に属しており、

地域別では「鹽焗雞」は東江料理の主な料理の一つです。

 

鹽焗雞は昔、塩商人たちがより長く簡単に食材を保存する為、

偶然に発見した料理方法である。

 

また、歴史上客家の人々が戦乱から逃れるために、

定住を繰り返していることから、家畜のような生き物を運びやすくする為、

移動の時は、殺して塩漬けにしたことから、客家の伝統料理となったそうです。

 

なにせよ、昔の料理法で作られた古法鹽焗雞は、

鶏肉のうまみ成分がギュッと詰まって、皮も香ばしい!

みんなが集まるときに振る舞って頂きたい、豪華な一品です。

 

 

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

四川料理フェス

 

3月、11月に行った四川料理超食べ歩きツアーに参加されたお客様から「辛いもの好きで食べるの好きな人へ、自分で行くと出来ない体験ができます!」「食べることが好きな人なら、絶対120%満足ができる旅を保証します!」「同じ価値観をもった仲間と出会える!」とコメントいただきました。

これまで見たことない料理、涙を流すほど信じられないくら辛い料理、トラウマになるくらいの強烈な香り、四川料理の「頂」をみたかもしれない!と思える圧倒的な四川料理の体験をぎゅぎゅっと凝縮した旅になります。料理関係者の方にとっては日本に四川料理を伝えた陳建民氏を輩出した街へ。日本の四川料理のルーツとなる四川省南部。少人数では食べられない田舎の料理をたべましょう!

今年最後の四川料理の旅、ぜひ、ご参加ください!

【限定10名】第三弾四川省南部へ!日本の四川料理のルーツを巡る旅

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川フェス来場者2万人以上!四川フェス・スタンプラリー8月31日まで!

四川料理フェス

 

四川フェススタンプラリーとは四川フェスに出店していただいた12店舗の店舗へ実際へ行き、8月31日までに8店舗制覇した方に抽選で豪華賞品があたる四川フェスのスピンオフイベントです!

スタンプラリー専用用紙は四川フェス当日のパンフレット、または以下専用用紙をダウンロードし、印刷しご使用ください。

QUOカード5千円!陳麻婆豆腐セットが当たる!四川フェススタンプラリー

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. 「本場の火鍋は違うんです」を、熱く、しつこく語る -その1-
  2. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  3. 重慶で知った!食べ方を知らなければ、四川料理はちっともおいしくない
  4. 中国で一番人気がある調味料、老干媽を作った陶華碧の感動物語
  5. にんにくソースが香る絶品四川料理!中華前菜の定番|蒜泥白肉

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/