餃子

 

日本人が一番好きな中華料理は「餃子」と言われています。

 

日本の餃子といえば、薄い皮に肉汁たっぷりのジューシーな焼き餃子が主流ですが、

中国では餃子といえば、焼く餃子ではなく、ゆでる方が一般的。

 

本場、中国の餃子の具はニラあり、白菜あり、魚あり、トマトありと何でもありです。

 

今回のレシピは、餃子にニラとエビをまぜた「ニラエビ餃子」(韮菜蝦仁餃子)。

これは間違いなく、おいしいコンビネーション。

 

時間がある方は動画であるように皮からこねてつくってみてください。

一度作ってしまえば、市販の皮と全然違い、おいしい!と驚くはず!

 

 

調理時間:約60分

動画の長さ、6:43

 

餃子の餡の具材 ニラ(250g)、豚ミンチ(500g)、むきえび(250g)、タマゴ(1つ)、小ネギ(3本)、生姜(ひとかけら)、
餡の下味 しょう油(大さじ2)、ゴマ油(大さじ3)、料理酒(大さじ2)、黒コショウ(適量)砂糖(適量)、塩(適量)、XO醤(大さじ1)
餃子の皮 小麦粉(300g)、水(150g)、塩(適量)

 

1.餃子の餡の下ごしらえ(初めに肉に味をつける)

・生姜をスライスし、細かく刻む。

・小ネギを輪切りにする。

・食感を残すため、あまり細かくならないよう、むきえびを細かく刻む。

・豚肉ミンチをボールに入れ、むきえび、生姜、ネギを入れる。

・そして、ボールにタマゴを入れ、【餡の下味】すべてを入れ、箸でまぜる。

・具材が一体になり、ネバネバするまでまぜる。

・しばらく冷蔵庫に置いておく。

 

2.餃子の皮を作る

箸でかきまぜながら、小麦粉に少しづつ水を加える。

水を入れ終わったら、手で小麦粉をもむ。

ちょっとやわらかすぎかなと思ったら、小麦粉を少しいれる。

弾力がでて、なめらかになってきたら、サランラップでつつんでおく。

 

3. 餃子の餡にニラを追加する

・ニラは細かく輪切りにする。

・大きな器にニラを入れて、油(大さじ2~3)を入れてまぜる。

・ニラに油をまぜることで水分を出ないようにし、肉の餡とうまくまざる。

 

4.餃子の皮をつくる

・板の上に打ち粉をかける。

・小麦粉のかたまりの真ん中に指をつきさし、穴をあける。

・その穴をどんどん広げて輪っかをつくる。

・輪っかを切り、1本にして、さらに細くする。

・指1本ぐらいの細さで切り、かるく打ち粉をふる。

・切り分けたかたまりを手の平で押しつぶして平たくする。

・そして、皮をのばす。動画を見ながらやってみてください!

 

5.餃子をつつむ

・皮に餡を入れ、まずは真ん中をつかむ。

・両方のサイドを3つぐらいでとじる。

※説明が難しいので、動画を見ながらやってみてください!

・一人でやると大変なので、家族みんなでやりましょう。

6.餃子をゆでる

・餃子をゆでる時は多めの水でゆでること。

・沸騰したたっぷりのお湯で餃子をゆでる。

・餃子をいれたのち、冷水を1杯いれる。

・煮たって来たら、再度、冷水を1杯いれる。

・餃子が少しおおきくなってきたら、完成!

 

まとめ

餃子の具材は自分でアレンジしてみてください

餃子の皮は多めに作っておいて、翌日またつかう。

または麺としても使えます。

 

以前、中国のサイトで「中国13億人が一番好きな料理とは?」

という記事を見たことがあります。

 

その記事の統計では、中国人が一番好きな料理は「餃子」でした。

 

日本人、中国人を魅了する餃子は、何も中国や日本のみで食べられているわけではありません。

 

ペリメニ

ラトビアで食べた手作りのペリメニ。餡はタマネギとマッシュルーム。

 

ロシアや東欧でよく食べられるペリメニやネパール、チベット文化圏で食べらるモモ、

韓国の餃子、中央アジアのマンティ…などたくさんあります。

 

小麦粉で皮を作り、中に具材をいれて包む

これが餃子の定義とすると、世界にはまだまだたくさんの餃子が存在しています。

 

いつか餃子世界選手権をして、隠れた餃子料理を発掘し、

どの餃子が一番おいしいのか、確かめてみたいですね!

 

中国では餃子が主食!一番ベストな餃子の食べ方とは?

 

日本では味わえない、もっと刺激的なグルメを求めている方へ

日本にある四川料理と四川で食べる四川料理の違いは何でしょうか? その答えは種類の豊富さにあります。日本で食べられている四川料理の多くは麻婆豆腐、担担麺、回鍋肉、チンジャオロース、棒棒鶏ですが、これらの料理の多くは四川では特別ではく、普通の料理の一つ。

麻婆豆腐を例にあげると、四川ではそれほど人気がある料理ではありません。メニューの端にある家庭料理の一つです。

ぼくたちが企画する食べ歩きツアーで行くのは今、四川で人気のレストラン。それも、現地の人しかいない本当の食通が通うお店です。日本では絶対に食べられない、中国人も知らない、圧倒的な四川料理を皆さまにご紹介ます。

【2017年3月食べ歩きの旅】四川料理を愛するグルメ仲間と一緒に食べ歩きしませんか?

四川料理情報を発信する無料メルマガ

四川料理の仲間を募集

四川で人気の料理がわかる食レポ!

四川料理の達人

四川料理の達人マガジン(月額500円)四川で人気の料理がわかる食レポ!本場四川の一流料理店レシピ、特級厨師の伝統的な料理等。毎月2回不定期更新!マガジン購読者は非公開グループに入り質問できる特典あります。

麻辣連盟 | 四川料理を愛する仲間たち

四川料理を愛し中華料理が大好き!麻辣党では普段日本で食べられている四川料理ではなく、本場の料理を皆で食べる食事会を中華料理店とコラボして、全国で開催します。食の好奇心に刺激され、まだ見ぬ大陸の味を日本で食しましょう!参加される方は入党ください!

麻辣連盟についてはこちらから

【出版】四川省・成都を中心にした食べ歩き旅行の決定版

SNSでも発信しています!

おいしい四川公式ページ

ツイッター開設しました

取材してきた四川料理画像を公開中

ご案内

プロも愛用!おすすめの香辛料と調味料

人気記事まとめ

  1. にんにくソースが香る絶品四川料理!中華前菜の定番|蒜泥白肉
  2. 【動画】四川料理30年のキャリア!中国最高位の特級厨師が作る「盐煎肉」の作り方
  3. 自宅で作れる!絶対に覚えたい究極の激辛四川料理!水煮肉片レシピ
  4. 豆板醤が決め手!四川風ひき肉と春雨のピり辛炒め|螞蟻上樹
  5. アントニオ猪木も愛する燃える闘魂激辛料理「辣子鶏」の作り方

おいしい四川運営者について

辛い料理と食べ歩きを愛している方に、日本にはない本場の料理を食べるチャンスを提供する「四川料理の専門家・麻辣連盟総裁」の中川正道です
お気軽に友達申請ください。申請時は一言お願いします!



自分の人生を生きる、ワクワクする仕事を

中川正道、1978年島根県生まれ。好きなことをするため、2012年に独立。0からWEBデザインを勉強し、現在はフリーのデザイナーとして世界中の企業・お店のサイトやロゴ等をてがける。毎日四川料理を作るほどの四川料理マニア。Allabout公認四川ガイド。

特技、デザインと中国語。三国志、水滸伝などの歴史小説好き。熱いアニメ「宇宙兄弟」が大好き。ビール党、自然派ワイン好き。 http://masamichi-design.com/